THE BACK HORNの検索結果一覧 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

THE BACK HORNの検索結果
該当件数122件 その内1100
新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ ミニ情報
Running AwayTHE BACK HORN
通い慣れた季節の傍で 誰のものでもない夜明け 風に向かって ひとりきり まっすぐ
儚き獣たちTHE BACK HORN
終わりを夢見たあの日々は死んでいった 時は過ぎて 戸惑いだらけでひび割れても 重
閃光THE BACK HORN
どうか光のかけらよ 君の日々を一時でも 人生のシビアさから 痛みから守っておくれ
がんじがらめTHE BACK HORN
がんじがらめがらめがらめ‥‥ なんもかんもがデッドエンドで そんなこったろうと思
情景泥棒THE BACK HORN
操縦席から見てるのは 未来から来た売人だろう そっちじゃ高値がつくから 軽く盗み
情景泥棒〜時空オデッセイ〜THE BACK HORN
油断したぜ ポケットに空いた穴から 時空間(そら)に 情景が零れ落ちてく 一瞬の輝
光の螺旋THE BACK HORN
息を切らして走る 君の背中を見つめ 追えば追うほど遠く 眩しく霞む影に 諦めに似
シンクロTHE BACK HORN
大切なのに傷つけて 傷つけるのに守りたくて それでも弱さを見せ合って 温め合って
ひょうひょうとTHE BACK HORN
光の中行くのなら 心には三日月を さらされし道こそ 静かに見据える 闇の荒野行く
赤眼の路上THE BACK HORN
答えはいらない そんなの嘘だろう 誰もが生きてく理由が欲しいだろう 両手はポケッ
THE BACK HORN
この扉 ノックする確信のリズム 声も無く呼んでいる存在のパルス 僕は僕である為に
晩秋THE BACK HORN
乱れた後の空しさ まるでそんな感じ すべてが遠くぼやけて見える 僕らは泣き叫ぶ 
ジョーカーTHE BACK HORN
子供の頃に描いた夢、大学生と書きました。 子供の夢らしくないと、先生に叱られまし
冬のミルクTHE BACK HORN
夜を抜け出す海沿いを走って あらゆる感情が浮かび消えた 心を焦がす素敵な歌はきっ
何処へ行くTHE BACK HORN
何処へ行く 青く咲き野道を遠く離れて 何も変わらねえよ 全て変わってゆく 歌いな
上海狂騒曲THE BACK HORN
かわいいあの娘の手首にゃ傷がある チャイナブルーさ 笑顔を奪った奴らは許さねえ 
泣いている人THE BACK HORN
街の片隅で泣いている人 誰に泣かされたんだろう 自分に腹が立ったの? この街は何
無限の荒野THE BACK HORN
屍踏み散らして尚も又斬る 鎖は今放たれた 無双の刃 広い荒野の果て 何を思ってい
グローリアTHE BACK HORN
人生どう転がるか分からない それを楽しんだもん勝ちだ 腰がひけたらすっ転ぶ 前の
孤独を繋いでTHE BACK HORN
砕け散れオンボロハート 隠す言葉は届かない 譲れないものばかりさ 唾を吐き歩き出
導火線THE BACK HORN
心がダンスするような季節 風が吹いて 君のあげ初めし ほつれ髪にどきり わりと繊
夏の残像THE BACK HORN
手をつないで歩いた海岸線 温もりが風に吹かれ消えた 潮騒のメロディーが胸をなで 
あなたが待ってるTHE BACK HORN
あなたが待ってると思うだけで もうそれだけであったかい 優しくなんて出来ない そ
始まりの歌THE BACK HORN
伝えたかった想いは いつだってポケットの中 渡せないまま 色褪せてゆく これで何
With YouTHE BACK HORNリクルート「タウンワーク・告白」篇CMソング
沢山の言葉なんてもう 今は必要ないんだろう 君の温もりだけ 頼もしいスーパーマン
言葉にできなくてTHE BACK HORN
君のことが好きでした ずっと 言葉にできなくて 君に逢えるなら 飛んでゆけるきっ
暗闇でダンスをTHE BACK HORN
oh my soul 今日埋葬されてたまるか 迷走抜けて 鳴らすんだ my songs 暗闇でダンス
ダストデビルTHE BACK HORN
誰よりもゴージャスな 憂いをあなたは身に付け 幼き日にくぐった 修羅場の証です 占
tonightTHE BACK HORN
そう ここに立って見下ろしたこの街を 離れてゆくと決めたのは 君と誓ったあの言葉
コンクリートに咲いた花THE BACK HORN
嵐が去って 蕾が開いたら また旅が始まるんだよ 終わる為じゃない 満開に咲く兆し
記憶列車THE BACK HORN
ゆうべの汽車に乗って あなたを探しにゆく 破れかけの写真を 胸の奥抱いたまま 孤独
胡散THE BACK HORN
壮大に拡がる地球 光の速さで繋がって 文明は進化に夢中 人類の退化も止まりはしな
魂のアリバイTHE BACK HORNBCリーグ福島HOPES公式サポートソング
刻め刻め ここで確かに 俺たち生きていると 刻め刻め 存在の歌 さよなら告げる日ま
シュプレヒコールの片隅でTHE BACK HORN
そして彼女は行方不明 雷鳴が銃声をかき消したあの晩に 「戦おう 戦おう 戦おう 倒
君を守るTHE BACK HORN
今夜見送ったら僕の役目も終わり そしたら生きてる意味もないなあ 君を狙うあいつが
カナリアTHE BACK HORN
古の鼓動 瞼浮かぶ影 風頬を撫でた 紺碧に月白く 高く 常しえの愛なら ここにあると
悪人THE BACK HORN
あの悪人はきっと僕だ あのイッちゃった集団も僕だ あの卑怯者(ひきょうもん)や嘘つ
その先へTHE BACK HORN
とりあえず全部ぶっ壊そう 閃いたライブハウスで 世界が動き出した 1998 光の海沈ん
路地裏のメビウスリングTHE BACK HORN
「救いようもない男だ あいつなんてやめちまえ」って 言われれば言われるほどに 信じ
月光THE BACK HORN
「旅を始めよう 風さえ寝静まった夜に」 古い映写機が映し出すのは幸せそうな日の儚
ビリーバーズTHE BACK HORNグリコポッキーチョコレート スペースシャワーTVバージョンCMソング
転がる岩石になって諦めを蹴散らして進むんだ 賢い選択とは言えねえ 断然無礼な声暴
シェイクTHE BACK HORN
目隠し庶民に魔法をかけて 海原クジラの背中で眠る 如何様 金儲け 閉じない瞳 不可
ブランクページTHE BACK HORN
ラララ この声が届くように ラララ 空高く響き渡れ 「もし俺が死んだら祝ってくれな
飛行機雲THE BACK HORN
いつもと変わらない煌めく海を見つめてた 空から一筋の飛行機雲がはにかんだ ねえ
サナギTHE BACK HORN
君はまだ知らない ここに生まれてきたことを 君はまだ知らない 命に終りがあること
エンドレスイマジンTHE BACK HORN
「第三次世界大戦はすでに始まってるんでしょ?」と少年 迷彩のキャップに携帯電話握
幻日THE BACK HORN
幻日 十字架が傾いて罰になった夜明け前 崩壊 晴天の霹靂 天高く燃え上がる炎 忘
タソカゲTHE BACK HORN
家路急ぐ音 不意の雨上がり 続く夢の中 街を包む風 長く伸びた手を放ち 虹を掴むよ
ホログラフTHE BACK HORN
暗い 高架橋の上 変幻自在 点在する ビルの明かり 僕ら今日も眠る 夢の中に永遠
シンメトリーTHE BACK HORN
One more time, we celebrate I found a place where we belong (When) raindrops s
コワレモノTHE BACK HORN
人気もんも嫌われもんもみんな仲良くこわれもんさ 怒りん坊 さみしん坊 甘えん坊 き
春よ、来いTHE BACK HORN
淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花 溢るる涙の蕾から ひとつ ひとつ香り始める 
バトルイマTHE BACK HORN
さあ何を選び取る? 生き残れる人々よ 綱渡り スマート目指し バランスに生死をかけ
雨に打たれて風に吹かれてTHE BACK HORN
雨に打たれて風に吹かれて 耐え抜いてゆく日々を なぞるように繰り返せば 言葉さえ
トロイメライTHE BACK HORN
チクタク チクタク… 鼓動がこの耳もとでささやいて 深い愛情を抱く人 あの空の向
シンフォニアTHE BACK HORN
僕が死にゆく時のためのエチュードが 流星群のように降りそそぐ 想像上の未来に全感
グレイゾーンTHE BACK HORN
人を愛して 人を許して 人を信じてる 文明は正を求め儚く移ろう 人を殺めて 人を
いつものドアをTHE BACK HORN
いつものドアを開けるのが これほど怖いことだとは 深い海の底みたいな夜が続いて 
風の詩THE BACK HORN
その詩は夢からやってきた 懐かしい景色を想いだすように まぶたを閉じる 陽だまり
星降る夜のビートTHE BACK HORN
今夜降りしきる星の雨のように 宇宙で一番の明かり探すよ 夜が明ける前に 招待状握
超常現象THE BACK HORN
超常現象を信じて生きてる 妄想しまくり無法な地帯 裏側の構造 解ければイケんのか
反撃の世代THE BACK HORN
剥ぎ取られた誇りと押しつけた夢の国 取り返した平和は偽りの暇つぶし 「ゆとり、ゆ
自由THE BACK HORN
炎天下の庭 彼は耳までうな垂れていた 自由になれとそっと首輪を外してやったんだ 
世界中に花束をTHE BACK HORN
何故だろう 何もないな あんなに欲しかったのに あるのは寂しさと霞がかった空だけ
ラピスラズリTHE BACK HORN
一歩また一歩 歩み続けてくんだ 顔が向いてりゃ前向きだろう 一方片一方 探し続け
ミュージックTHE BACK HORN
言葉にならない心のメッセージ 高らかに刻め 真っ白な地図に 背中に背負った未来の
シリウスTHE BACK HORN
共に生き歩んだ日々 支え続けてくれた人 立ち尽くすあなたの為 今何ができるのだろ
一つの光THE BACK HORN
命の始まりと終わりが同時に訪れた朝 行き場をなくした感情と立ち尽くす秩序なき路上
クリオネTHE BACK HORNちふれ化粧品「SAVE WOMAN」2011CMソング
カーテンの向こう側にあふれる光 シーツの海抜け出して 出かけよう何処へだって も
雷電THE BACK HORN
開放の種蒔いてみればパンドラの箱が開く 崩壊の音響きわたり「諸法無我」とブッダは
ラフレシアTHE BACK HORN
この星に蔓延してゆく感情のパンデミック あきらめ悪い体温が生きろと言うよ 弱肉強
再生THE BACK HORN
俺達はあてもなく産まれたリンドウ 悲しみも愛せずに一人咲いている 存在を乞う魂 
羽衣THE BACK HORN
輝く星空よ 全てを受け止めて 散らばった思い出をもう一度照らして 瞬間の輝きは永
海岸線THE BACK HORN
希望なんて無くても世界はとりあえず美しい 光は滑走路 波の間に間に 鼓動なんて忘
ペルソナTHE BACK HORN
大暴落の感情 はじけ飛び急上昇 足りない頭コネて フィクションはノンフィクション
太陽の仕業THE BACK HORN
灼熱の街は猛獣ハンターのパラダイス 感情が暴発する炎天下の交差点 百発百中外さぬ
汚れなき涙THE BACK HORN
木々が揺れるざわめく夜は 不気味なほどに死の匂いがする 赤い月が燃やした空は ま
パレードTHE BACK HORN
ほら 振り返れば足跡 俺にはまだこの街で生きてく資格はあるのか? 投げ捨てた煙草
閉ざされた世界THE BACK HORN「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」主題歌
赤く濡れた指先でサイは振られ 宇宙(ソラ)へ落ちてゆく 深く深く 二度と帰れない闇
真夜中のライオンTHE BACK HORN
熱帯雨林の街は夜の匂い 淋しげな愛と光の雨 真夜中のライオン震えている 選びとれ
警鐘THE BACK HORN「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」Supporter's meeting 2010 キャンペーンソング
このダイナマイトみたいな悲しみを また高性能な知能が邪魔をして アンドロイドのよ
戦う君よTHE BACK HORN
戦う君よ 世界を愛せるか 紺碧の空に三日月滲んで消えた 何故君は行く 傷つき倒れて
神の悪戯THE BACK HORN
神が舞い降りる 蛇腹模様の空 目覚めた欲望がヒステリックな夜 天使と悪魔が愛し合
パラノイアTHE BACK HORN
ガラス細工の僕の心 月を透かし夜に消えた ここが何処だか分からぬまま ワイングラス
栄華なる幻想THE BACK HORN
遥かなる大地を踏みしめていたのは若き血潮 遠い空 想いはいつもそこにあった 淡き夢
コオロギのバイオリンTHE BACK HORN
さめてく夢が夢ならば なぜ夜は来るのだろう 一瞬の幻じゃない 永遠の安らぎをどう
世界を撃てTHE BACK HORN
突風が吹いて葛藤が砕け散った 雑踏を抜けて戦場へ舞い戻った それぞれの日々が戦う
フロイデTHE BACK HORN
最果ての戦場に遠吠えが響く 迫りくる地平線 蠢く鋼の音 振り向けば滲む空 血の雨に
さざめくハイウェイTHE BACK HORN
溢れ出す 人ゴミの中で 動けない 僕は動かない 見上げては欠伸噛み殺し 青い空 只
THE BACK HORN
鏡の無い世界じゃきっと僕達は 自分を殺してしまうよ 鏡の無い世界であなたは一人ぼ
白夜THE BACK HORN
君にさよならを告げて俺は晴れて自由になった 縛られて嫌になって 砂埃 唾を吐いた 
THE BACK HORN
星よ 月の雫よ 誰の道を照らすのだろう 風よ 森よ 命よ 孤独さえも包むのだろう 
グラディエーターTHE BACK HORN
迷い込んだ砂漠の果て 生きる意味を無くしたまま 握りしめた剣はただ一つの誇りだっ
人間THE BACK HORN
人間はカナシイ 人間はハカナイ 人間はミニクイ 人間はキレイダナ 産まれ落ちたこ
生まれゆく光THE BACK HORN
何を話そう 未だ見ぬ君へ 僕が見てきた悲しみの果て 傷つけ合って奪い合うこと 僕が
覚醒THE BACK HORN
黒い翼広げ 羽撃くカラスが夜を告げる 赤いテールライト 流れる景色が滲んでゆく 同
赤い靴THE BACK HORN
赤い靴を履いた愛しいあの人が 十二月の雨に撃たれながら消えた 流れる紅い血と冷め
THE BACK HORN映画「魁!!男塾」主題歌
立ち上がれ 死んでも譲れないものがある 振り向くな 後ろに道は無い 突き進め 孤
THE BACK HORNアニメ「機動戦士ガンダム00」主題歌
絶望は甘い罠 鎖されたその扉 心が戦場だから誰にも救えない ゼンマイの心臓が運命
真冬の光THE BACK HORN
この心が汚れてても吐く息は白 窓を開けて見上げていた放課後の空 いつかは僕らも大
 次の22件


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ