晩秋 THE BACK HORN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

晩秋  ♪  THE BACK HORN
作詞 : THE BACK HORN
作曲 : THE BACK HORN

乱れた後の空しさ
まるでそんな感じ
すべてが遠くぼやけて見える
僕らは泣き叫ぶ
この儚さゆえに
感情すらもなくなるくらい

晩秋の夕焼けにひと吹き
切なさに揺れた コスモス

恋だとか愛だとか言う前に
この空を見上げなさい
なぁ ちっぽけだろう
君の悩みなんてそんなもんさ

果てしなく続く道
無我無中の旅
自画自賛でひたすら走れ
明日は光り輝く
照れ笑いも隠さず
黄金の夜を両手にかかえ

雨だれのベランダにひと雫
おぼろ月が涙に濡れた

嘘だとか本当だとか言う前に
この空を見上げなさい
なぁどうでもいいだろう
僕らの夢なんてこの程度さ

不思議な世界だ
甘く辛いチョコレートか
なんてセンチメンタルだ
いても立ってもいられない


ミニ情報
アルバム「BEST THE BACK HORN II」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE BACK HORN「晩秋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ