蛍 - THE BACK HORNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

蛍-THE BACK HORN
 ♪  THE BACK HORN
作詞 : 松田晋二
作曲 : THE BACK HORN

星よ 月の雫よ
誰の道を照らすのだろう
風よ 森よ 命よ
孤独さえも包むのだろう

夢中で追いかけた微かなその光
銀河に届きそうな空の下で

張り裂ける夜の中を俺達は走り出す
行き場所を探しながら彷徨った蛍のように 今

雲が空を奪って
優しすぎる雨を降らす
過去の傷や涙を
癒しながら消し去ってゆく

儚く揺らしてる小さなその体
飲まれてしまいそうな闇の中で

駆け抜ける日々の中に想い出の花が散る
寂しさを抱えたまま別々の旅路を歩く 今

遠ざかる蝉時雨 風に消えた夏の香り

張り裂ける夜の中を俺達は走り出す
行き場所を探しながら何処までも行くのだろう

駆け抜ける日々の中に想い出の花が散る
寂しさを抱えたまま別々の道を行く

心にたった一つ消えない景色がある
迷ったその時にはいつでも思い出してくれ


ミニ情報
アルバム「パルス」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
あなたが待ってる
始まりの歌
With You
言葉にできなくて
暗闇でダンスを
ダストデビル
tonight
コンクリートに咲いた花
記憶列車
胡散
蛍/THE BACK HORNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ