雨に打たれて風に吹かれて THE BACK HORN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

雨に打たれて風に吹かれて  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 松田晋二
作曲 : 松田晋二

雨に打たれて風に吹かれて
耐え抜いてゆく日々を
なぞるように繰り返せば
言葉さえいつの日か忘れてく

激動の終幕にエンドロールさえない
ただ暴虐な物語

雑草みたいにへばり付いて
強く在りたいと願う
独りよがりの思考回路
現実の海もがいて溺れてく

感情の周波数をコントロールできない
今真っ暗な部屋の窓から

赤い夕日を眺めてる
ここから出れなくて
涙がこぼれてく
優しく笑うのは何故?

欲望の進化型が混沌を生み出して
この世界を塗り潰してゆく

赤い夕日が沈んでく
声にもならなくて
消えてた情熱が
微かに揺れている 命の中で

響く 心臓が
荒れ狂うほど寂漠に
響く 真実を
打ち鳴らしてゆけよ
時が 脈を打つ
残酷なほど正確に
時が 許すなら
この命果てるまで
生さてゆく 生きてゆく


THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE BACK HORN「雨に打たれて風に吹かれて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ