一つの光 - THE BACK HORNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

一つの光  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 山田将司
作曲 : THE BACK HORN

命の始まりと終わりが同時に訪れた朝
行き場をなくした感情と立ち尽くす秩序なき路上

血も涙もない時の風
生かされてることさえ忘れてゆく

その心の声を奏でてゆけ
風に吹かれて掠れても
クライマックスな日々溢れ出した
確かなこの想いを 今 歌にのせて

いつかは消えてしまう俺たち 事実は裏切らなくて
あなたがここに居てくれることが揺るぎない一つの光

切れそうな糸が嘆いてる
死ねばいいのになんて言わないで

置き去りの傷みが絡みついて
愛の形を変えた時
加速する世界の動く音が
この胸に響き出す 今 優しい歌

ふと すれ違う幼き日
永遠に咲く花を抱き締めて

その心の声を奏でてゆけ
風に吹かれて掠れても
クライマックスな日々溢れ出した
確かなこの想いを歌にのせて

置き去りの痛みも 輝ける未来も
全てを愛せないから あなたを愛せた
僅かな幸せを噛み締めてゆく
何かが始まってる 今 切り拓いて
奏でてゆけ


THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
一つの光/THE BACK HORNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ