君を守る THE BACK HORN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

君を守る  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 菅波栄純
作曲 : 菅波栄純

今夜見送ったら僕の役目も終わり そしたら生きてる意味もないなあ
君を狙うあいつがとうとう捕まって うれしい、って言った僕の顔

曇天模様の市街地を抜けて
満天の星が見えたらよかったのに

二人沈黙に耐えかねて足早で 線路沿い 急行電車の風
点滅する光の中走り出すんだ 心臓、って何て歌うんだい?

全然僕らの距離は縮まらず
断然君の独走態勢で
人の気も知らないで 君だけが希望だったんだ

こんな頼りないこの僕があいつに 向かって行くなんて馬鹿だって言いながら
泣いてたね だけど 信じてくれるなら 僕は誰にも負けないから
そばにいて

ステイ・ウィズ・ミー いつまでも
ステイ・ウィズ・ミー 微笑んで
そばにいて 頬に触れて
そばにきて 離れないで

ステイ・ウィズ・ミー いつまでも
ステイ・ウィズ・ミー 微笑んで
僕が君を守るよ
ステイ・ウィズ・ミー 離れないで


ミニ情報
アルバム「運命開花」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE BACK HORN「君を守る」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ