汚れなき涙 THE BACK HORN 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

汚れなき涙  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 松田晋二
作曲 : THE BACK HORN

木々が揺れるざわめく夜は
不気味なほどに死の匂いがする

赤い月が燃やした空は
まるで世界の終わりのようで

僕らの流したカルマが空へ空へと昇ってゆく

汚れなき涙 本当はあるのだろう
ただ奪い合い争って散りゆく定めでも
その真っ直ぐな眼差しが伝えてる
命があるという事実が生きる意味だということを

風が止んだ静かな朝は
痛いくらいに耳鳴りがする

張り詰めてる凍えた空気
まだ続くよと始まりを告げる

僕らが生まれた奇跡は誰にも変えられない
命が叫んでいる限り明日へ明日へと繋がってゆく

汚れなき涙 本当はあるのだろう
今 息をして手をとってまた歩いてゆける
この真っ白な朝焼けが映してる
生まれてきたという事実に罪なんてないということを


ミニ情報
アルバム「アサイラム」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE BACK HORN「汚れなき涙」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ