赤い靴 - THE BACK HORNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

赤い靴-THE BACK HORN
赤い靴  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 松田晋二
作曲 : THE BACK HORN

赤い靴を履いた愛しいあの人が
十二月の雨に撃たれながら消えた
流れる紅い血と冷めてく温もりを
この手に残したままで

慰めの歌なんかじゃ
この心は癒せはしない
雨音の中でお前の名を
ただつぶやく

凍てつくような街は今日も知らないふり
呼んでも応えない闇が佇むだけ
正義も過ちも矛盾も悲しみも
全てを飲み込んでゆく

それが運命だなんて
悟ったふりして何を言う
向かう場所もない
この想いはどこまでゆく

憐れみの賛美歌
降り続く夜には
三日月を手にして
暗闇を切り裂く

あの日消えた涙は
今日の降り止まぬ雨
明日へと続く道は
深い悲しみの中

アスファルトの上に転がる赤い靴
雨ざらしのままで転がる赤い靴
いつかの面影が錆びた景色の中
閉じ込められ泣いている

それが運命だなんて
悟ったふりして何を言う
向かう場所もない
この想いはどこまでゆく

忘れてゆく事だけが
ただ一つの救いだなんて
辛すぎるだろう
答えてくれ ああ神様

さあ 今 すぐ!


THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
孤独を繋いで
導火線
夏の残像
あなたが待ってる
始まりの歌
With You
言葉にできなくて
暗闇でダンスを
ダストデビル
tonight
赤い靴/THE BACK HORNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ