自由 - THE BACK HORNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

自由  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 菅波栄純
作曲 : THE BACK HORN

炎天下の庭 彼は耳までうな垂れていた
自由になれとそっと首輪を外してやったんだ
だけど彼はその場所を動きはしなかった
錆びた鎖は彼を縛りつけてはいなかった

俺は何を期待してた?
チクリと痛むこの胸を風が吹き抜けた
その時何となく感じた 直観が確信に変わった
“自由な気分ならそれで十分”だって

その場所から見える景色はどうだい?
ネガポジプラスマイナスゼロの地平線に立って

子供のころ描いた色とりどりの世界
空は虹色 クジラが雲の隙間で泳いだ
画用紙をはみ出て床や壁に続く物語
大人達が子供らしいと誉めてくれたから

子供の絵はわりと不自由だ 大人の絵はわりと自由だ
俺はどうなんだ?
変換ミスや言い間違いや思いつきや無駄の向こうに
無限の宇宙が広がっている気がした

触れない光に伸ばす指先
この手に自由を教えてやるんだ

風が吹き抜けるあの場所まで僕ら走り抜けよう
何故かこぼれてくあの涙は凛々と音を描く
確かなものなんてない未来へひょうひょうと走り抜けよう
誰かの小さなつぶやきでさえ世界を変えてしまうかもしれない

変えてしまうかもしれない
行こう 行こう
風が吹き抜けるあの場所まで僕ら走り抜けよう


ミニ情報
アルバム「リヴスコール」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
自由/THE BACK HORNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ