戦う君よ - THE BACK HORNの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

戦う君よ  ♪  THE BACK HORN
作詞 : 菅波栄純
作曲 : THE BACK HORN

戦う君よ 世界を愛せるか
紺碧の空に三日月滲んで消えた

何故君は行く 傷つき倒れても
高鳴る熱い思いを忘れはしない

何処までも行けよ 顔をあげて
ありのまま何もかも輝くだろう
今はまだ闇に震えていても
笑いあえる日がくる

ためらうことも とまどうこともなく
いつかは君に幸あれ 光の中で

少年の日々を思いだして
水たまり 反射する飛沫あげて
泥だらけのまま笑えたのなら
何処へだって行けるさ

何処までも行けよ 顔をあげて
ありのまま何もかも輝くだろう
きれいごとじゃなく美しき日々
探し続けてゆくよ

さぁ走り抜けよう この歌を胸に抱きしめ 今
強く強く叫ぶように夜明けは降り注いだ

さぁ走り抜けよう この歌を胸に抱きしめ 今
高く高く羽撃けるさ 晴れわたるあの空を目指してゆけ


ミニ情報
アルバム「アサイラム」収録曲
THE BACK HORNの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
戦う君よ/THE BACK HORNの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ