ゆずの歌詞一覧

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ゆず

ゆずの歌詞一覧
該当件数223件 その内1〜223件
|▲ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し
RAKUENRAKUENNEW 楽園と誰かが呼んだって ぎこち
ゆめまぼろしゆめまぼろしNEW 誰もが皆 聞く耳閉じた ワタシハ
むき出しむき出しNEW 買い被るなって たいそうな人じ
AOZORA(YZ ver.)AOZORA(YZ ver.)NEW 思い知らされてばかりいる 君じ
イセザキイセザキNEW 真っ暗な有隣堂 夜はちょいと不
Long time no seeLong time no seeNEW Wake me up 目覚めた とたんにた
ゴールテープゴールテープNEW もう無理だ 一歩も動けない ゴー
君を想う君を想うNEW 君が想い描くような 僕じゃない
明日の君と明日の君とNEW どんなふうに笑ったとか どんな
風信子風信子 さよなら 旅立つ朝 窓辺に飾った
春疾風春疾風 華やいだ街の音は 今日も味気な
あの手この手あの手この手 どいつだ君のこと泣かしたヤツ 5
六角形六角形 いいですね そーゆーの 浮かれ
ALWAYSALWAYS ガードレールに寄りかかって 夕
奇々怪界-KIKIKAIKAI奇々怪界-KIKIKAIKAI 奇々怪 怪界 怪界 奇々 奇々怪
NATSUMONOGATARINATSUMONOGATARI 臨港パークから見えてる ベイブ
公私混同公私混同 時代がそっぽ向いてら どっちか
そのときにはそのときには 朝の光浴びて 「おはよう」「行
チャイナタウンチャイナタウン 私こんなに横浜に何度も 来るな
花咲ク街花咲ク街 咲く La lala ハナヒラリ 春よ来
イマサライマサラ こりゃなんだ 懲り懲りだ 効きす
フラフラフラフラ 時間がないぜ time is なんちゃ
夏疾風(YZ ver.)夏疾風(YZ ver.) 眩しすぎる夏の陽差し 走り出す
まだまだまだまだ まだまだ 行こうぜ 全ては君のそ
GreenGreenGreenGreen 「忘れないから」「忘れないでね
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し
SEIMEISEIMEI 緑が生い茂る この大樹(たいぼく
マボロシマボロシ なぜだろう こんなにも こころが
マスカットマスカット よりどりきみどり 好き嫌いはダ
公園通り公園通り 公園通りで こんにちは 懐かしい
聞こエール聞こエール さぁ なにかが起きるよ それは僕
TETOTE(YZ ver.)TETOTE(YZ ver.) Far Far Far Far Far... Wow Wow
イコールイコール 偶然の出会い 突然巡り合う そう
恋、弾けました。恋、弾けました。 退屈であくびばっかしていた毎日
通りゃんせ通りゃんせ 幸福は一瞬 増幅してく欲 なくな
風のイタズラ風のイタズラ 見え透いた両手のウソと 意味の
ガイコクジンノトモダチガイコクジンノトモダチ 外国人の友達ができました 納豆
存在の証明存在の証明 時が流れてく 五つ数えて目を閉
うたエールうたエール 始めようかそろそろ(これから)
愛こそ愛こそ 愛こそ世界を変える 君となら信
日常日常 背中押されるように 君はまた街
ビーチビーチ さっき泣いたせいで 僕らは目を
ロンリーカントリーボーイロンリーカントリーボーイ ロンリーボーイ 見上げた空が青
カナリアカナリア 明日の空は何色に 染まってゆく
タッタタッタ 完全無欠のヒーロー そんな奴い
天国天国 天国なんて どこにあるの? それ
保土ヶ谷バイパス保土ヶ谷バイパス 流れ出る涙の意味を知りたくて
見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜 遠い遠い空の下で 一人ぽっちに
みそらみそら 君と歩く 川添いの道を 橋を渡り
た Ri ナ ぃた Ri ナ ぃ あらあら ごめんねenjoy中? い
いっぱいいっぱい ずいぶん会えない日が続いて 君
いつもの病気いつもの病気 原因不明のいつもの病気 今日も
Interlude〜Borderless Ticket〜Interlude〜Borderless Ticket〜 Is that a tear I see? Everyone
夕焼け雲夕焼け雲 待ちこがれた季節 想いを彩る町
終わりの歌終わりの歌 あの日 君が足を止めて 僕らの歌
TOWATOWA その声は響きわたる むき出しの
終わらない歌終わらない歌 争いあうことはいつだって 悲し
二人三脚二人三脚 忘れない 僕らの確かな足跡 いつ
かけるかける 一人じゃない 一人じゃない 一人
OLA!!OLA!! 君に会えてよかった なんでこん
ポケットポケット もう遮るものなど無いから ここ
よろこびのうたよろこびのうた 振り向かないでよ 振り返らない
ユートピアユートピア ハイカラ宣言 お天道燦々 お通り
素顔のままで素顔のままで なぜか君が笑うと 僕の不安は消
幸せの定義幸せの定義 音の出てないテレビを見てるのが
Ultra Lover SoulUltra Lover Soul 大人のふりして 僕は今日も生き
レトロフューチャーレトロフューチャー 何もかんもを ブっ壊してばっか
ひだまりひだまり ほらいつもよりも素晴らしい朝だ
所沢所沢 どうしても言わなきゃ いけない
四間道路四間道路 なんでこんな狭い道が バス通り
おっちゃんの唄おっちゃんの唄 いつもと同じ時間 いつもと同じ
夜霧の伊勢佐木町夜霧の伊勢佐木町 夜霧の月明かり 照らすお前の横
ヒカレヒカレ どこかへ置き忘れた夢 遠い物語
月の涙月の涙 目をそらした深い悲しみの空似
表裏一体表裏一体 Woo-woo- 朝をむさぼり 夜を吐
値札値札 こんな暇持て余してることってな
雨のち晴レルヤ雨のち晴レルヤ 突然 偶然 それとも必然 始まり
守ってあげたい守ってあげたい いつかこんなに泣いた日々も 必
飛行機雲飛行機雲 つまずき止まりそうな ちっぽけ
友 〜旅立ちの時〜友 〜旅立ちの時〜 友 今君が見上げる空は どんな色
LANDLAND おはようここのところなんか 体
イロトリドリイロトリドリ なんて顔してしょげてんだ I Wan
砂漠のメリーゴーランド砂漠のメリーゴーランド 砂漠の果てに 古びたメリーゴー
ゼラニウムゼラニウム 六月の雨は少し寂しげで 花達も
流れ星キラリ(ゆずバージョン)流れ星キラリ(ゆずバージョン) 空に願いをかける それは叶わぬ
灯影灯影 また一つ消えゆく 私の光を奪い
ムーンライトパレードムーンライトパレード チクタク目が覚め 夜更けにどこ
REASONREASON いるよ 傍に 一番近く 今は ただ
時刻表時刻表 町を染めてく あざやかな夕焼け
また明日また明日 夕暮れの帰り道 君はうつむいた
改札口改札口 スタジアム帰りの雑踏にまぎれて
うすっぺらうすっぺら どうしてここまできたんだろう
おじやおじや ちっちゃい頃の僕は 好き嫌いば
イエスイエス 今にして思えば ただの意地っ張
with youwith you こうして僕らが 出会えたキセキ
T.W.L [Y.Z ver.]T.W.L [Y.Z ver.] 前世 今世 来世 いいゼ 人生 巡
翔 僕らはいつも試されている 立ち
ムラサキ色ムラサキ色 一国沿いをひた走る まるでいつ
LOVE & PEACHLOVE & PEACH I My Meが曖昧じゃ もうおかしく
HAMOHAMO wow wow 果てしない COCOLO wow
彼方彼方 きっと きっとって追いかけた ず
蜃気楼蜃気楼 まるで そう 蜃気楼のような幻
1か81か8 あれって コレ それって どれっ
代官山リフレイン代官山リフレイン 代官山の歩道橋の上から 眺めて
第九のベンさん第九のベンさん 人は太古の昔から 音に乗せて歌
背中背中 庭先で水を撒く その背中は気付
Hey和Hey和 神は僕らの心の中にある 一つ一
fromfrom 始まりはいつも こんな調子で 降
赤いキリン赤いキリン 工場に囲まれた港町 生まれ育っ
慈愛への旅路慈愛への旅路 しぼみかけた夢 カバンの奥に押
風吹く町風吹く町 小高い丘の上から いつもの町を
白髪白髪 考え過ぎて不眠症 それでも仕事
する〜する〜 カッコつけた事は言えないけど o
ろくでなしろくでなし そう 今まで聞いた事も 初めから
桜会(さくらえ)桜会(さくらえ) 目を閉じれば今日も 僕にある幸
マイライフマイライフ 君が笑ったから笑顔になれたんだ
二つの言葉二つの言葉 誰のせいでもない わかってたの
スーパーマンスーパーマン スーパーマンにはなれないな 今
はるかはるか 夕焼け染まる 風に吹かれて立ち
レストランレストラン 東京という町が あまり好きじゃ
ゼンマイゼンマイ 退屈な朝 飛び込んだニュース 流
虹 君の足に絡みつくのは何 劣等感?
Re:スタートRe:スタート さっきまでのそこに 費やすだけ
健太郎のお姉ちゃん健太郎のお姉ちゃん 天神前のバス停を通る度 僕はキ
物語物語 つまりはこんな事 駅までの帰り
いちごいちご 甘いいちご 頬ばるように僕を愛
逢いたい逢いたい もしも願いが叶うのなら どんな
みらいみらい 子どもの頃見た海は光っていて
ボサ箱根ボサ箱根 フ・フロ フフ・フロ フ・フロ
使い捨て世代使い捨て世代 時々つまんなくなっちゃった時
シシカバブーシシカバブー そりゃいきなり誰だって 因縁観
Yesterday and TomorrowYesterday and Tomorrow 夕焼け染まる君の横顔 何もなか
ビジネスビジネス 敏腕なんだか 絶妙なバランスだ
モンテモンテ 小さな僕の小さな街 バスがいっ
おでかけサンバおでかけサンバ どしゃぶりの雨の中でだって (踊
うまく言えないうまく言えない 初めて出逢った日の事を 君は今
黄昏散歩黄昏散歩 いつもの通りを歩き出す 何らい
凸凹凸凹 不完全な僕らだから 傷付け傷付
人間狂詩曲人間狂詩曲 月が満ち欠けるように時は進んだ
行こっか行こっか 巡る巡る季節は僕らを追い越して
眼差し眼差し すれ違う人達の目に 憂鬱な空が
君宛のメロディー君宛のメロディー 町の風くるまって 切り出すのを
つぶやきつぶやき 一体どれくらいの争いがあったん
ワンダフルワールドワンダフルワールド 機関銃を抱きしめて眠る子供が
ストーリーストーリー どうしたの?さえない顔して い
ウェイトレスとお客さんウェイトレスとお客さん 仕事の合間を抜け出して 僕はい
朝もや朝もや 丘の上から 風が吹き抜ける 何度
てっぺんてっぺん 六大学出のインテリの坊ちゃんに
連呼連呼 久しぶりに会った友達が 何かヤ
ところでところで 時々僕はここへ来て 雨雲が抜け
〜風まかせ〜〜風まかせ〜 鏡の中曇った笑顔の僕を見た 優
シュビドゥバーシュビドゥバー 明日の事なんて気にもしないで
心の音心の音 もう日は暮れた 薄暗い辺りをぼ
四時五分四時五分 どうしよもなくくたびれる毎日で
ねこじゃらしねこじゃらし 半年ぶりに逢うあなたに どんな
境界線境界線 海が見えます ここから奇麗な海
傍観者傍観者 横目でチラリ そこの傍観者 アン
灰皿の上から灰皿の上から 灰皿の上にため息を吹きかけて
悲しみの傘悲しみの傘 玄関の隅に少し大きな傘が掛けて
向日葵ガ咲ク時向日葵ガ咲ク時 南風が君の髪をなびかせて 緩や
日だまりにて日だまりにて 久しぶりだよこの町を歩いてる
幸せの扉幸せの扉 一人君は泪を流していたね 騒が
空模様空模様 泪色の空を見上げながら二人 訳
アゲインアゲイン 泪に濡れて滲んだ空に 悲しみを
旅立ちのナンバー旅立ちのナンバー 向こうに遙か ぼんやりと見える
カナブンカナブン 坂の途中振り返る 海は見えるの
君は東京君は東京 高校出て誰よりも先に一人暮らし
言えずの♡アイ・ライク・ユー言えずの♡アイ・ライク・ユー 今も言えずの I Like You 君に触
命果てるまで命果てるまで 同じゴミならどうせ 燃えるゴミ
ぼくの漫画の主人公ぼくの漫画の主人公 ぼくは小さい頃太っていて 勉強
ダスキングダスキング 祝福の花もやがて散りゆく定めな
今夜君を迎えに行くよ今夜君を迎えに行くよ 響き渡るクリスマスキャロルが
ウソっぱちウソっぱち もうあれからどの位 歩き続けて
無力無力 どんなに誰かの前で虚勢を張って
明日天気になぁれ明日天気になぁれ これで本当によかったのかな?
春風 meets 葉加瀬太郎春風 meets 葉加瀬太郎 窓の外は冷たい雨が降り続いてる
スナフキンスナフキン 悲しみに暮れそうな夜更けに 僕
リアルリアル 通り雨が過ぎるまで ここにいる
もうすぐ30才もうすぐ30才 近所のコンビに行ったら 新しく
冷めたコーヒー 土曜の夜だってのに この僕とき
しんしんしんしん 街はイルミネーション 光輝く世
ニンジン ぶら下げられたニンジンを よだ
ヒーロー見参 偽りとワリ合わず 進む世界の裏
チェリートレイン 大切な友達がそれ以上になった日
ダスティンホフマン 昨日の夜友達からの電話で 君が
夕立ち夕立ち 夕立ちの他に何を理由にしろと言
一っ端 「最近どう?」ってお前が電話く
女神 大きなおなかを抱えながら 元町
心の友よ たとえばどこかの町の片隅で あ
くず星 何も僕にはできないと 決めつけ
超特急 超特急 夢を見たあの日僕らは…
陽はまた昇る 「信じること」恐くて震えていた
恋の歌謡日 来るはずもない電話鳴らないの分
GOING HOME どれくらいの時間が過ぎたろう
夢の地図 あの日描いた夢の地図見つからな
1 さあ行こう 走り出した 列車に今
涙が溢(あふ)れて 途方にくれた
スミレ 旅の途中僕等(ぼくら) 時にはつ
3カウント 期待通りの雨に打たれ 成(な)す
アゲイン2 君が見つけた勇気の花 色褪(あ)
嗚呼、青春の日々 初恋のあの人が もうすぐ母親に
月曜日の週末 乗り遅れた人達は 必ず聞こえな
心のままに 嗚々 今日も慌ただしい一日が 終
ユーモラス 時々僕等はひどく落ちこんだりし
センチメンタル 打ち寄せる波の音に慌(あわ)てて
サヨナラバス 予定時刻は6時 あとわずかで僕ら
始まりの場所 この町に潜(ひそ)んでる 場違い
いつか 少しずつ街の風も冷たくなってき
少年 人生を悟る程 かしこい人間では
地下街地下街 木漏れ陽が眩しい10月晴れた午後
なにもない 失くしたものを探し歩いている
雨と泪 そんなに泣かなくていいんだ そ
友達の唄 毎日毎日くだらない事をやっては
栄光の架橋 誰にも見せない泪(なみだ)があっ
歩行者優先 つなぎとめた心の 行く先を見つ
僕等(ぼくら)はあてもなく 気分
からっぽ 何気ない様な顔して いつもと同
呼吸 君はまた傷を負う 絶え間なく続
3番線 どうにかなるさってカッコつけて
飛べない鳥 ここにあるのは風 そして君と町
シュミのハバ 友達はいつでもいいもんだ あん
桜木町 海沿いの道を 手をつないで歩い
夏色 駐車場のネコはアクビをしながら
またあえる日まで 青い空 白い雲 勇気を持って踏み
  ▲TOP


歌詞ナビ新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.