ゆず「陽はまた昇る」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ゆず > 陽はまた昇る

陽はまた昇る

歌手:ゆず
作詞:北川悠仁
作曲:北川悠仁


「信じること」恐くて震えていたんだろう?
眠れぬ夜を幾つ数えたの?
だけど傷ついて流した泪の数だけ 僕らは強くなれたんだ
閉じかけたトビラにもう一度ノックして 無くしてしまった鍵を
さぁ今 探しに行こうよ

暗闇の向こう側に 差し込む光へ手を伸ばそう
誰の下にも陽はまた昇る まだ見ぬ明日へ走り出そう

降りしきる雨の中分からなくなっていた
傘もささず立ちすくんでいたんだ
それでも君が僕を必要としてくれたから 僕は何度でも
明日を 信じてみるんだ どこまでも

途切れそうな声でも確かめ合うんだ
吹き荒(すさ)む風の中でさえも
新しい朝が僕らを待っているから

果てしなく続く旅路 追いかけて見上げた空
僕らの下にも陽はまた昇る 君と描こう 夢の続きを
まだ見ぬ明日へ走り出そう 誰の下にも陽はまた昇る

「めざましどようび」テーマソング
アルバム「リボン」収録曲


「陽はまた昇る」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ゆずの人気歌詞

ゆずの楽曲一覧を見る▶

関連動画


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.