ゆず「夕焼け雲」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ゆず > 夕焼け雲 歌詞

夕焼け雲 / ゆず
Amazonで見る

「夕焼け雲」歌詞

歌手:ゆず
作詞:岩沢厚治
作曲:岩沢厚治


待ちこがれた季節 想いを彩る町並み
いつまでこうしている? 決して夕焼け雲だけのせいじゃない
次のタイミングで もう3度目のため息
つったったまま タバコのフィルターコゲついてらぁ

まるで子供の頃みたいにさ 石コロ蹴っ飛ばして帰る
なるべく小さな唄声で 君を口ずさむ

壊れかけた時計の様に
並んでは離れては また並んで離れてゆくよ
思い出のままの君は2、3度思い出しては またすぐに消える
夕焼けの空へ

意味もなくもたれた 想いは色あせる風に
かき消されてゆく いつもの日常って奴なのかなぁ
吸い込まれてった 今日が終わる端っこで
いかにもそうな顔 鵜呑みにした夕焼け雲

願い事は一体何ですか? もしも叶うとしたら
なるべくチープなリズムに乗って 僕を確かめる

君の毎日は幸せかい?
僕はそうだな それなりにそれは幸せかもね
思い出した君の顔は あの時みたいに笑って僕に微笑んで
また消えてゆく

壊れかけた時計の様に
並んでは離れては また並んで離れてゆくよ
思い出のままの君は2、3度思い出しては またすぐに消える
夕焼けの空へ


アルバム「TOWA」収録曲


ゆずの人気ランキング

ゆずの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.