ゆず「からっぽ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ゆず > からっぽ 歌詞

「からっぽ」歌詞

歌手:ゆず
作詞:岩沢厚治
作曲:岩沢厚治


何気ない様な顔して
いつもと同じ様に笑ってた
今日の空みたいに
青く澄んだ君の目が何か語りかけた

言葉はいつも奥の方から
後に虚しさ連れて
教えてくれた
けれどこんなにもからっぽになったのに
僕は歩きだした

どうにもならない歯痒さが
一つづつゆっくりと僕の前で立ち止る

だからその目で僕を見ないで
悲しくなるから
多分君は僕の中にもう映らない

人を好きになる事
当たり前の事なんだけど
僕がもう少しその事を知っていれば
こんな事にはならなかったのかもね

答えは今も見つからないまま
繰り返しの渦の中
また一歩踏み出すよ

だからその目で僕を見ないで
悲しくなるから
多分君は僕の中にもう映らない

忘れる事なんて
出来ない僕が
今日もここに居るから
君の影を
いつもどこか探してる


ゆずの人気ランキング

ゆずの歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.