RUSHMORE「FLY INTO THE LIGHT AGAIN」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > RUSHMORE > FLY INTO THE LIGHT AGAIN

FLY INTO THE LIGHT AGAIN

歌手:RUSHMORE
作詞:五十嵐充
作曲:北野正人

夢から醒めて 突き落とされた僕は
深い闇へと 跡形もなく消えた
痩せた臓器を えぐり取るかのように
黒い烏が 容赦なく僕を責めるんだ
もがいて 虚空(そら)探してく

Fly into the light again
Flying through the night again
Fly into the light again
Flying through the night again

まやかしばかり 蔓延る夜の街で
薄汚れてる 水を覆い隠した
蓮の葉達が きれいな花咲かせて
外面だけの ヘタレな虫に愛想笑い
リアルな 恋演じてる

Fly into the light again
Flying through the night again
Fly into the light again
Flying through the night again

むしられた羽 飛べない虫のようさ
彷徨いながら 華やかな日を悔やむ
雨は落ち着き やがて霧の隙間に
かすかに照らす 一筋の光り見て

Fly into the light again
Flying through the night again
Fly into the light again
Flying through the night again

アルバム「REASON OF FOUR SEASONS」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

RUSHMOREの人気歌詞

RUSHMOREの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.