RUSHMORE「風の詩」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > RUSHMORE > 風の詩

風の詩

歌手:RUSHMORE
作詞:五十嵐充
作曲:五十嵐充


In my heart 大切なコトバを
心に刻んで夢を描いてた
旅人みたいに あるがままの自分を

雲が緩やかに流れて
広がる空から朝日のしずくが
零れ落ちてゆく まるで行き先を
照らすように

風の詩が聴こえるまで
僕達は行くんだと
君の声が空に溶けて
見果てぬ世界へ

きっと誰かも風の詩を
どこかで待っているんだろう
旅立ちには碧い空が
僕達を染めてゆく

すごく人を好きになって
気づけば孤独も喜びも覚えた
星の数ほどの恋のせつなさを
音符(おと)にして

風の薫る季節の中
胸を躍らせながら
遥か遠い地平線へ
出会いを求めて

ひとつひとつ恋の詩の
断片(かけら)を集めながら
風のように駆け抜けてた
僕達を忘れない

風の詩が聴こえるまで
僕達は行くんだと
君の声が空に溶けて
見果てぬ世界へ

きっと誰かも風の詩を
どこかで待っているんだろう
旅立ちには碧い空が
僕達を染めてゆく

アルバム「REASON OF FOUR SEASONS」収録曲


「風の詩」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

RUSHMOREの人気歌詞

RUSHMOREの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.