RUSHMORE「CALL」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > RUSHMORE > CALL

CALL

歌手:RUSHMORE
作詞:坂本光久
作曲:坂本光久

きみが いなくなった街
白く染められてゆくの

通り過ぎて行く 人波の中で
きみのこと 思い出す

誰もがすれ違い 答えを探してる
季節がまたひとつ ぼくを残して
変わりはじめた

ドアを開けたまま きみは
涙 浮かべながら 去った

当たり前だった そばにいることが
この胸を 締めつける

誰もがすれ違い ぬくもり求めてる
どこまでも広がる 空に浮かんだ
きみの名前が

誰もがすれ違う 迷い抱えたまま
描いてた明日と 今は違っても

いつか忘れるだろう 胸の痛みさえも
「幸せに」と願い そっとつぶやいた
きみの名前を

アルバム「REASON OF FOUR SEASONS」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

RUSHMOREの人気歌詞

RUSHMOREの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.