RUSHMORE「KAMITSU」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > RUSHMORE > KAMITSU

「KAMITSU」歌詞

歌手:RUSHMORE
作詞:五十嵐充
作曲:五十嵐充


抱き締めて 彷徨う心に
接吻(キス)をして 蕩けるくらい
月の明かりと 激しく揺れる影

艶やかな 朱(あか)い口唇が
ふしだらに 僕を惑わす
思わせぶりな 香りに酔いしれて

誰にも 許されなくていい
ふたつの想いが 引き裂かれるまで

狂おしく したたかに 汚して欲しい
花蜜の中に 深く深く 墜ちるように
乱れ咲く その声で 満たして欲しい
白い蕾に いつの間にか
吸い込まれて 今夜も眠る

囁いて そっと耳元で
粉々に 僕を壊して
哀しいくらい 無慈悲な夜だから

つかの間の 愛でもいいから
少しだけ 夢を見させて
絡めた指に 重ねあわす時間

あなたと 崩れ落ちるなら
寂しい出会いに この身を捧げて

サヨナラが 言えなくて 見えない明日も
あなたの海で 深く深く 包まれたい
からだ中 その愛で 満たして欲しい
白いシーツに 溺れながら
疲れ果てて 今夜も眠る

誰にも 許されなくていい
ふたつの想いが 引き裂かれるまで

狂おしく したたかに 汚して欲しい
花蜜の中に 深く深く 墜ちるように
乱れ咲く その声で 満たして欲しい
白いシーツに 溺れながら
背中合わせ 今夜も眠る


アルバム「REASON OF FOUR SEASONS」収録曲


RUSHMOREの歌詞ランキング

RUSHMOREの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes
amazon検索

リアルタイムランキング

1 幸せは何かと聞かれたら磯山純
愛してるも言えずに さよならす...
2 どこかで春が童謡
どこかで春が 生まれてる どこか...
3 この人生を闘う戦友たちへサスケ
毎朝電車のつり革に 歯を食いし...
4 白蓮のかほり小田純平
白蓮は手折(たお)れぬ花 なぜに...
5 8ビットボーイ三戸なつめ
1UP 2UP 8ビットボーイ ボクらの...
すべて見る▶

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.