中村美律子 歌詞一覧

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 中村美律子

中村美律子の歌詞一覧
該当件数39件 その内1〜39件
|▲ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報
あんずの夕陽に染まる街 〜ニューバージョン〜 / あんずの夕陽に染まる街 〜ニューバージョン〜あんずの夕陽に染まる街 〜ニューバージョン〜 ふるさとの駅は 人影もなくて それでも不思議ね
明日の風 / 明日の風明日の風 夜空を見上げる あんたの頬(ほほ)に
釜ヶ崎人情 / 釜ヶ崎人情釜ヶ崎人情 立ちん坊人生 味なもの 通天閣(つうてんかく)さえ
鬼の背中 / 鬼の背中鬼の背中 鬼の背中が 陽だまりの中 コクリ
笑い神 / 笑い神笑い神 生きてナンボの この世やないの 何もなくても
わすれ酒 / わすれ酒わすれ酒 未練心は 涙で流す 恋の傷あと お酒でふさぐ
仁吉の女房 / 仁吉の女房仁吉の女房 よしておくれよ 藪(やぶ)から棒に
弥太郎鴉 / 弥太郎鴉弥太郎鴉 道中双六(どうちゅうすごろく) 江戸振り出しに
忠治旅鴉 / 忠治旅鴉忠治旅鴉 小松五郎の 刃(やいば)にかけて ゆがむ世間を
京都二寧坂 / 京都二寧坂京都二寧坂 春も待たずに ほころぶ花に そそぐ陽だまり
保津川恋唄 / 保津川恋唄保津川恋唄 夕月映す 保津川に 降っては消える
かぼちゃの花 / かぼちゃの花かぼちゃの花 きれいな花には トゲがある かよわい花では
恋亭主 / 恋亭主恋亭主 かなわぬ あんたの夢ならば わたしがいっしょに
つづれ織り / つづれ織りつづれ織り いくつも熱い 火の輪をくぐり いくつも渡った
鞆の浦情話 / 鞆の浦情話鞆の浦情話 瀬戸の島影(しまかげ) 夕日がそめて
潮騒 / 潮騒潮騒 憎さどころか いとしさばかり 遠い潮騒(しおさい)
とことん人生 / とことん人生とことん人生 苦労したこと 自慢で云うな 夢を捨てなきゃ
夢の花 咲かそう / 夢の花 咲かそう夢の花 咲かそう まわり道がすきだね 遠まわりがすきだね
かたつむり / かたつむりかたつむり あんた背中の その荷物 重いでしょうね
情け川 / 情け川情け川 生きるこの世が 川ならば 水に竿(さお)さす
倉敷川遠歌 / 倉敷川遠歌倉敷川遠歌 水にこぼれる 柳の落葉 恋の運命(さだめ)に
ふたりの朝 / ふたりの朝ふたりの朝 おまえに惚れたと 言われたあの日
人生鏡 / 人生鏡人生鏡 人の暮らしを うらやむよりも あなたは私の
おんな風の盆 / おんな風の盆おんな風の盆 髪(かみ)をほぐして うす紅ひけば
人生一度 / 人生一度人生一度 泣くな嘆くな 浮世の風に 泣けば明日が
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報
あんずの夕陽に染まる街 / あんずの夕陽に染まる街あんずの夕陽に染まる街 ふるさとの駅は 人影もなくて それでも不思議ね
あなただけ この世に生まれて ふたりはめぐり逢い
つれあい 惚れたおまえと しみじみと 盃かわす
河内おとこ節 河内生れの 風来坊は 生きのいいのが
女の旅路 冬が来るのに 津軽を越えて 函館港は
酒なさけ あなたが教えた この酒が あなたを忘れる
恋瀬川 雨の雫(しずく)は 心の雫 あなたとわたしを
だんじり 風を喰(く)らって 傾くような 屋台骨では
京都恋歌 好きになっては いけない人を 人目をさけて
下津井・お滝・まだかな橋 備前、瀬戸内、下津井港 北前船が港に入る
ふるさとで暮らそうよ あんた涙でョー 飲む酒ならば 温(ぬく)めてやりたい
夜もすがら踊る石松 馬鹿でなければ踊れない カッコつけてちゃ走れない
風まかせ 春の日出逢い 夏の日燃えた 激しい恋も
一本勝負 天に拳を 振り上げて 悔し涙を 投げ捨てる
  ▲TOP


ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.