中村美律子「忠治旅鴉」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中村美律子 > 忠治旅鴉

中村美律子「忠治旅鴉」のジャケット画像

忠治旅鴉

歌手:中村美律子
作詞:久仁京介
作曲:宮下健治


小松五郎の 刃(やいば)にかけて
ゆがむ世間を 叩(たた)っきる
さすが忠治と もてはやされて
花も実もある 男のはずが
すがる子分と わかれ酒
落ちて 落ちて赤城の 旅鴉

義理も人情も 人一倍と
褒めた奴さえ 去ってゆく
さすが忠治と もてはやされて
逃げた赤城の てっぺんあたり
行くも帰るも 下り坂
明日(あす)は 明日はどうなる 旅鴉

落葉(おちば)しとねに 身を折りまげて
明日(あす)の行く手を 思案する
さすが忠治と もてはやされて
夢も栄華(えいが)も 赤城の山の
暗い夜明けに 捨てて発(た)つ
忠治 忠治しぐれか 旅鴉

「忠治旅鴉」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中村美律子の人気歌詞

中村美律子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.