鏡五郎「男の風雪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鏡五郎 > 男の風雪 歌詞

男の風雪 / 鏡五郎
Amazonで見る

「男の風雪」歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:久仁京介
作曲:山崎剛昭

逆(さか)ろうな
さだめ受けとめ 旅ゆけば
佐渡も弥彦も 風と雪
おけさ袈裟懸(けさが)け 三味線(しゃみ)を抱き
寒(さぶ)や寒(さぶ)やで 峠をこえた
すきま風吹く 仮の宿
 
風を追い
風に追われて 幾歳(いくとせ)か
親の顔さえ 遥かなり
春にゃ桜が 咲き誇る
秋にゃ芒(すすき)も 招いてくれる
こころ晴れる日 いつじゃやら
 
しんしんと
雪の降る夜 あつあつの
豆腐おどらせ 鍋を食う
そんな一夜の あの女(ひと)が
終(つい)の棲(す)み処(か)に なってもいいと
髪をみだした 柏崎

鏡五郎の人気ランキング

鏡五郎の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.