八尾・風の盆 歌詞 / 鏡五郎

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 鏡五郎 > 八尾・風の盆

鏡五郎「八尾・風の盆」のジャケット画像

八尾・風の盆

歌手:鏡五郎
作詞:久仁京介
作曲:山崎剛昭


飛騨の山あい 坂の町
土手に飛びかう 夕蛍(ゆうぼたる)
逢えば帯解く 間ももどかしい
三味(しゃみ)の音(ね) 衣擦(きぬず)れ 窓の月
戻れなくても いいのかえ
八尾(やつお)遣(や)るせぬ 風の盆

おまえ忘れる 暇がない
おわら恋しい 夢ばかり
命かけても うばえぬ女(ひと)よ
死ぬときゃ一緒と 云うけれど
わるい女で いいのかえ
三味の棹より 身が細る

誰か不幸に 落としても
恋の成就(じょうじゅ)は 叶わない
三日三晩の 逢瀬のやつれ
胡弓(こきゅう)が泣かせる 別れぎわ
戻るしかない いいのかえ
八尾名残りの 風の盆


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

鏡五郎の人気歌詞

1 夢あかり雪降る夜に 去って行く 倖せ遠い
2 みれん船汽笛ひびけば 波の瀬を こえてゆ
3 悲しい女NEW女ひとりの みれん酒 悲しい過去
4 忍び傘三ケ月(みつき)待たせて 逢うの
5 浪花人情なんぼ上手に 儲(もう)けてみて
6 いで湯の宿湯舟に浮かぶ 三日月を 手桶で掬
7 男の流転針で刺すよな 世間の目より 痛い
8 山内一豊の妻−女の賦二千石でも 百石ぐらし 禄(ろく)
9 漁火の宿わかれ盃 なみだで干して 返すお
10 まよい舟めぐり逢うのが さだめなら なぜ
鏡五郎の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.