鏡五郎「はなびらの雪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鏡五郎 > はなびらの雪 歌詞

はなびらの雪 / 鏡五郎
Amazonで見る

「はなびらの雪」歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:久仁京介
作曲:山崎剛昭

羽織(はお)った角巻(かくまき) 寒(さむ)かろと
雪をはらって 迎えてくれた
しのぶ恋路の 雪明かり
見せてあげたい このいのち
燃えてとけます はなびらの雪
 
雪国・駒子と おなじ名で
それがいいねと 愛してくれる
逢うが別れの 初めとか
ずるいおんなに なれるなら
なってあなたを あゝ縛(しば)りたい
 
袷(あわせ)の紬(つむぎ)に 染めの帯(おび)
ほどく手ぎわに みだれるこころ
雪がしんしん つもるほど
白きうすもの 紅が差す
夢の散りぎわ はなびらの雪

鏡五郎の人気ランキング

鏡五郎の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.