鏡五郎「清水の次郎長」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 鏡五郎 > 清水の次郎長 歌詞

清水の次郎長 / 鏡五郎
amazon検索

「清水の次郎長」歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:古川ゆう子
作曲:今澤雅一

富士を背にして 清水を起てば
ひとり残した お蝶に詫びる
三保の松原 潮風吹けば
草鞋(わらじ)に砂の 駿河湾
時雨街道 旅すがた

「大政、仕度はいいか?
お蝶、船宿末廣(すえひろ) あとをたのむぞ…」

あれが清水の 次郎長一家
縞の合羽に 振り分け荷物
菅笠(すげがさ)深く 足並揃え
街道一の いい男
風に追われて 東海道

義理だ仁義と 世間を渡り
幕末維新 その名を残す
腰の長脇差(ながどす) 背中に廻し
富士の山麓 開墾へ
清水の次郎長 國づくり


鏡五郎の歌詞ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
鏡五郎の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(20:30更新)

1 First BiteMye
First sight インスピレーション...
2 ロウワー25時、ナイトコードで。
そう簡単な祈りだった 端から 段...
3 オムライスThis is LAST
君が料理をすることなんてあまり...
4 ひまわり福山雅治
夢を見ていました あなたと暮ら...
5 finderclaquepot
揺らいでいた感情も 探していた...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.