鏡五郎「津軽夫婦節」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 鏡五郎 > 津軽夫婦節 歌詞

鏡五郎「津軽夫婦節」の歌詞を収録したCDジャケット画像

津軽夫婦節

歌手:鏡五郎
作詞:鈴木信子
作曲:山崎剛昭

苦労くの字も おまえといれば
ぴんと伸びるさ 一(いち)の字に
お岩木山まで 届けとばかり
叩く三味の音(ね) 雪に舞う
今日の舞台は 五所川原
あいやあいやの 夫婦節

外は地吹雪 ストーブ列車
暫し待つ間の 温(ぬく)め酒
凍える手と手に 息吹きかけて
肩を寄せ合い 流れ旅
夫婦舞台は 雪の中
よされよされの 口説節

絃(いと)は切れても 絆(きずな)は切れぬ
三味が結んだ ふたりなら
はまなす真赤に 咲くその日まで
いのち重ねて 春を待つ
明日の舞台は 鯵ヶ沢
津軽じょんから 夫婦節

「津軽夫婦節」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

鏡五郎の人気歌詞

鏡五郎の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.