次の火 歌詞 / Bird Bear Hare and Fish

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Bird Bear Hare and Fish > 次の火

Bird Bear Hare and Fish「次の火」のジャケット画像

次の火

歌手:Bird Bear Hare and Fish
作詞:尾崎雄貴
作曲:尾崎雄貴

簡単だった軽く押すだけ
悪夢は覚め あとは間違いを後悔しないようにして来た
身を伏せて 身を伏せて 身を伏せて
弦を鳴らすと悪魔が死んでいった
絵筆を振るうと息ができた

夢を見るなって言われても
そんなことができる人間なんていないだろ?

きっと出来るきっと出来る

さぁ火をつけろ 最初はロウソクの火だった 今
嵐の真っ只中 息も絶え絶えでかばっている
手のひらで 重ね合って やけどしても

簡単だった引き金を引く
飛び交う弾丸 そこらじゅう跳ねかえり火花をちらす
そのたび目がくらんで ビジョンが見える
ぶつかりあって 形をかえ 磨かれていく
痛みと共に 受け入れないで 戦い続ける

さぁ火をつけろ 世界に嘘をつくな まだ
価値のないダイアモンド 勝ち目のない取引をしよう
つよがりを 掲げあって イメージする 描いている

形にならないと笑われても
現象のように生きてく 僕はそうするよ
巨大な雨雲のよう

さぁ火をつけろ 最初はロウソクの火だった 今!!
足跡は燃え上がって 価値のある道になった
次の1歩 次のビジョン 次の痛み

簡単だったここに来るのは
そう呟き あとは振り返らないで先をみていた
そしてまた火をつける 火をつける 火をつける


アルバム「Moon Boots」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Bird Bear Hare and Fishの人気歌詞

1 Workいつまで経ってもこない 迎えの
2 ページページの外 惨めな墓所 治せぬ箇
3 次の火簡単だった軽く押すだけ 悪夢は
4 ライカ弱みは見せるまい うだつの上が
5 ロックフェス前に見た 前に聴いた 前に言った
6 ウクライナ幼稚感の極み 認めることが出来
7 ダッシュボード何度も殴りつける 漆喰の壁を 血
8 レプリカントそんなに車を叩かないで ちょっ
9 Hearts君のハートに向かうための歩き方
10 夏の光思い通り君は いかないから 腕を
Bird Bear Hare and Fishの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.