Bird Bear Hare and Fish「ウクライナ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Bird Bear Hare and Fish > ウクライナ

Bird Bear Hare and Fish「ウクライナ」のジャケット画像

ウクライナ

歌手:Bird Bear Hare and Fish
作詞:Yuuki Ozaki
作曲:Yuuki Ozaki

幼稚感の極み 認めることが出来まい
捻れることはあっても変わることのない河の辿り着く先
見続けているだけだった

血管を通っていく 君の声 君の瞳が
身体中をズタズタにして
毒のように凝固していく血

裏口のドアを叩く女 正面切って駆け寄る少女
屋根裏に横たえたショットガン 地下室の隅で腐った腕も
みんな流れの中にあった

電話を壁に投げて 君の頬 髪 口に触れた
ソファーに飛び散るピンクを 隣の犬にでもあげてくれ

この町は明るすぎる 目が痛い 痛い ずっと
準備は出来ている
家の明かりを全部消して ロウソクに火をつけ君と裸になる

あがりきっている 高山病にかかる
数キロ先の店の裏で バンドがバスから飛び出ていく
君の好きな曲はやらない 彼らはやらないよ

フロアは煙い 雑なライティング 飛び跳ねる君
そしてバラード
血管を通っていく 君の声 君の瞳が
準備は出来ている
家の明かりを全部消して ロウソクに火をつけ君と裸になる

アルバム「Moon Boots」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Bird Bear Hare and Fishの人気歌詞

Bird Bear Hare and Fishの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.