Work 歌詞 / Bird Bear Hare and Fish

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Bird Bear Hare and Fish > Work

Bird Bear Hare and Fish「Work」のジャケット画像

Work

歌手:Bird Bear Hare and Fish
作詞:Yuuki Ozaki
作曲:Yuuki Ozaki


いつまで経ってもこない 迎えの船を待ってた
そして戻った いつもの仕事に 僕の娘も息子も同じだった

仰向けになって 灰の空をみた
額の汗を拭って狂ったように振り下ろす
手を握って 闇を讃えて 君の父と母も一緒だった

繰り返そう 痛みに慣れるまで どんな薬も痛み止めにもならない
どうか 僕のそばで
このループをずっとみてくれるかい
出口を見つけるその時まで

稼ぎを分け合おう 迎えの船のために
息子も娘も宙を漂うだけ

じり貧だった 恵みを待った コンビニの前 君を待った
考えていた ループの先を 祈っていた 自分の全てに

繰り返そう 痛みに慣れるまで どんな薬も痛み止めにもならない
どうか 僕のそばで このループをずっとみてくれるかい
出口を見つけるその時まで

いつまで経ってもこない 迎えの船を待ってた
光がみえていた 明日も同じ
でも多分あれが 出口なんだ


アルバム「Moon Boots」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Bird Bear Hare and Fishの人気歌詞

1 Workいつまで経ってもこない 迎えの
2 ページページの外 惨めな墓所 治せぬ箇
3 次の火簡単だった軽く押すだけ 悪夢は
4 ライカ弱みは見せるまい うだつの上が
5 ロックフェス前に見た 前に聴いた 前に言った
6 ウクライナ幼稚感の極み 認めることが出来
7 ダッシュボード何度も殴りつける 漆喰の壁を 血
8 レプリカントそんなに車を叩かないで ちょっ
9 Hearts君のハートに向かうための歩き方
10 夏の光思い通り君は いかないから 腕を
Bird Bear Hare and Fishの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.