御前の瞳に羞いの砂 陰陽座 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
御前の瞳に羞いの砂  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

心悸(ときめき) 其(そ)れは 時空も 歪める程
手前勝手(てまえがって)な 心思(うらも)い
然(しか)れども 只 此(こ)の身は 老い 曝(さ)らぼう
淡い 寂寞(じゃくまく)の 欠片(かけら)

離れてより はや幾年(いくとせ) 忘(わす)る程(ほど) なれば
変わり果てた 此(こ)の 容姿(すがた)を 御目(おめ)に 晒(さら)せようか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 さも あらねば
其(そ)の 瞳(ひとみ)に 羞(はじら)いの 砂を

瞬(またた)く うちに 過ぎたる 時間を忌(い)む
軽い 六垢(ろっく)な 心根(こころね)
然(さ)りとて 最早(もはや) 笑えるはずもない
深い 悲しみの 欠片(かけら)

如何(いか)にしても 繕(つくろ)いたい 叶わねば 然(さ)らば
見る影無い 枯れた 顔で 御目(おめ)を 汚(よご)せようか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 さも あらねば
其(そ)の 瞳(ひとみ)に 羞(はじら)いの 砂を

離れてより はや幾年(いくとせ) 忘る程 なれば
変わり果てた 此(こ)の 容姿(すがた)を
強(し)いて 視(み)ると 言うか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 でも 視(み)ようとして

(老嬢(ろうじょう)) 袖(そで)を噛む 迷い 逢いたい 然(さ)れど
(老憊(ろうはい)) 待ち過ぎた 報(むく)い 遅すぎたと
目眩撃(めくらう)ちに 苛立ちの 砂を
だから 早く 逢いに来て


ミニ情報
アルバム「迦陵頻伽」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
陰陽座「御前の瞳に羞いの砂」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ