組曲『義経』〜夢魔炎上 陰陽座 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
組曲『義経』〜夢魔炎上  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

剥き出しの骨を 爪で つと掻き裂く
虚(うつ)ろなる病みの 睡(ねむ)り醒ます様に
抑えられない 欺瞞(ぎまん)の棘が
此の身を刺す 謀(はかり)を 張り巡らして

世に仇なすのが悪 其れを誅(ちゅう)するが正義
有事には再びその天地が返り 畢竟(ひっきょう)、私は今、悪か

何かを果たし乍(なが)ら 誰かに疎(さげす)まれ
叫びは 返す返す 明かりを 探し求めて

望みは 漂うだけ 凍える 哭(ね)が今 消えゆく 風に千切れて

無明(むみょう)の睡りに 疲れ 迷い 誰(た)そ彼(がれ)る
失意の韜晦(とうかい) 冥(くら)き星を数えて
盞(うき)に浮かぶ花弁 暗い闇に揺蕩(たゆた)う
胸に宿る火の鳥は 何時の日か雁になる

柘榴(ざくろ)に なり果てる 己の頭に
群がる 埋葬虫(しでむし)は 兄の面をしている
殺めた数だけ 愛を手に入れると 無間の奈落も 一躍に跳べると
髑髏(どくろ)に 口付ける 虚栄の猿(ましら)は
そ知らぬ 素振りで 誰が為に唄う
殺めた数だけ 穢(あい)に塗(まみ)れていると
無間の奈落に 真逆(まさか)に呑まれると

嗚呼 徒(いたずら)に 一縷(いちる)の陽を求めても
嗚呼 一向(ひたすら)に 異郷の地に 転(まろ)びて落ちる

渾(すべ)ては 渾ては一族の名を賭して
渾ては 渾ては亡き御父君の誇りを賭して
犯した不文律も罪科(つみとが)も 殺めた命さえも
あなたと新しい時代の理想郷の為だというのに
もうよい、黙れ 詭弁(きべん)を弄すな 政(まつ)れぬ虎よ
我は今、汝という夢魔を 燃やす

振り仰いだ 鈍色(にびいろ)の空に 刻(とき)が夜を 連れてくる
激(ふれぶみ)よと 交わす言葉も 明る色を 失ってゆく
もう逃れられぬなら 此処で果てるとも
只其れで 此以上 離れないのなら

抱き寄せて 抱き締めて 抱き留めて もう一度
束の間の 別離(わかれ)でも 曇らさぬ様に
愛されぬ 相舞えぬ 相生えぬ もう二度と 惑う夢の中(うち)に
彷徨う 声にならぬ嗚咽(おえつ)を 白い雪が嗤う

抜け抜けと舞いおって 命乞いのつもりか
されど子は別じゃ 後の憂いとなろう 殺してしまえ
何故このような惨(むご)い仕打ちを
己が命を取られた方が増しで御座います
ああ この子だけはあの人に抱いて欲しかった
お許し下さい もう逢えませぬ

望みは 漂うだけ 傲(おご)れる 嶺(ね)が今 移ろうまで
其処に降る雨は 躊躇(ためら)うだけ 凍える
哭が今 消えゆく 風に千切れて


iTunes
陰陽座「組曲『義経』〜夢魔炎上」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
陰陽座の人気曲 この歌手の人気曲一覧

①組曲『義経』〜夢魔炎上♪剥き出しの骨を 爪で つと掻き裂く
♪上身(かみ)の煌(きら)めきよ
桜花忍法帖♪眼指(まなざし)で 殺(ころ)したい
蒼き独眼(あおきどくがん)♪戯(ざ)れに 縺(もつ)れし
愛する者よ、死に候え♪殺(と)るのは 細工(さいく)も
轆轤首♪辿り着いた 西海(さいかい)の
蛟龍の巫女♪嗚呼(ああ) 渾(すべ)てを
組曲『義経』〜悪忌判官♪賽(さい)の河原に 打ち捨てる
醒(めざめ)♪醒(さ)めた蒼(あお)い月(つき)も直(す)ぐに
月に叢雲花に風(つきにむらくもはなにかぜ)♪聲(こえ)が囁(ささや)いている

陰陽座の新曲 この歌手の新曲一覧

桜花忍法帖♪眼指(まなざし)で 殺(ころ)したい
蛟龍の巫女♪嗚呼(ああ) 渾(すべ)てを
迦陵頻伽♪胚(はい)なる 我 目醒めるも
♪あだなき 鳳(とり)が 真逆(まさか)に
熾天の隻翼♪(罪(ざい)) 安(や)い 正義の
♪上身(かみ)の煌(きら)めきよ
廿弐匹目は毒蝮♪迷うはずもない 詰まらぬ
御前の瞳に羞いの砂♪心悸(ときめき) 其(そ)れは
轆轤首♪辿り着いた 西海(さいかい)の
氷牙忍法帖♪謀(はかり) 蠢(うごめ)く

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ