十六夜の雨 - 陰陽座の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
十六夜の雨  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

もう 視界(しかい)が歪(ゆが)む 指(ゆび)が震(ふる)える 骨(ほね)が 軋(きし)み上(あ)げる
干涸(ひから)ぶ 此(こ)の身(み)よ いっそ 朽(く)ちよと 願(ねが)うも 連(つ)れ無(な)し

否(いな)や 此(こ)れ以上(いじょう) 出来(でき)るなら 独(ひと)り暮(く)れたい
なれど 亦(また) 二人(ふたり) 唇(くちびる)は 朱(あけ)に染(そ)まりて

雨(あめ)に 打(う)たれる 為(ため)に
漫(そぞ)ろに行(ゆ)くを 見遣(みや)るは 夜(よる)の 雲(くも)や

刻(きざ)んだ 咬(か)み痕(あと) 細(ほそ)る好(よ)き人(ひと) 迚(とて)も 見(み)て居(い)られぬ
干涸(ひから)ぶ 其(そ)の身(み)の 愛(いと)おしきこと 首筋(くびすじ)を 摩(さす)る

否(いな)や 此(こ)れ以上(いじょう) 出来(でき)るなら 濡(ぬ)れて触(ふれ)れたい
なれど 紛(まが)うなり 唇(くちびる)は 何故(なぜ)に染(そ)まるや

雨(あめ)に 打(う)たれる 為(ため)に
漫(そぞ)ろに行(ゆ)くを 見遣(みや)るは 夜(よる)の 雲(くも)や
雨(あめ)に 濡(ぬ)れ戯(そぼ)らせて
後生(ごしょう)や 逐(お)って来(き)やるな 微温(ぬる)い 夜(よる)に いざよう

否(いな)や 此(こ)れ以上(いじょう) 出来(でき)るなら 独(ひと)り暮(く)れたい
なれど 亦(また) 二人(ふたり) 唇(くちびる)は 朱(あけ)に染(そ)まりて

雨(あめ)に 打(う)たれる 為(ため)に
漫(そぞ)ろに行(ゆ)くを 見遣(みや)るは 夜(よる)の 雲(くも)や
雨(あめ)に 濡(ぬ)れ戯(そぼ)らせて
後生(ごしょう)や 逐(お)って来(き)やるな 雨(あめ)に 喚(おめ)く 十六夜(いざよい)


ミニ情報
アルバム「金剛九尾」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
十六夜の雨/陰陽座の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ