塗り壁(ぬりかべ) - 陰陽座の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

塗り壁(ぬりかべ)-陰陽座
Jword 陰陽座
公式サイト
塗り壁(ぬりかべ)  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

旅路(たびじ)を行(ゆ)くは一方(ひとかた)の
畏(おそ)れを知(し)らぬ剛(ごう)の者(もの)
七分(しちぶ)過(す)ぎたるその刹那(せつな)
見(み)る目(め)敵(かな)わぬ巨大(きょだい)な壁(かべ)が

上(うえ)を下(した)へと取(と)り乱(みだ)し
途方(とほう)に暮(く)れて立(た)ち尽(つ)くす
明日(あす)の宵(よい)には山(やま)越(こ)えて
邑君(むらきみ)の許(もと)着(つ)かねばならぬ

嗚呼(ああ) 繋(つな)ぎ止(と)めた明日(あす)が
音(おと)もなく遠(とお)ざかり
繰(く)り返(かえ)す遺響(いきょう)の囁(ささや)き

想(おも)いは潰(つい)えたと泣(な)くより
この身(み)が朽(く)ちる際(きわ)まで 弛(たゆ)みなかれ

忌々(いまいま)しくもとぼとぼと
兵(つわもの)どもが夢(ゆめ)の跡(あと)
諦(あきら)むことも口惜(くちお)しく
持(も)ちたる杖(つえ)で裾野(すその)を掃(はら)う

信(しん)じ難(がた)きやおとろしや
何時(いつ)しか壁(かべ)は消(き)え入(い)らむ
八方(はっぽう)の手(て)を尽(つ)くさねば
答(こた)えは出(だ)せぬ此(こ)の世(よ)はをかし

嗚呼(ああ)咎認(とがみと)めたはずが
声(こえ)もなく立(た)ち竦(すく)み
蒸(む)し返(かえ)す回向(えこう)の呟(つぶや)き

想(おも)いは潰(つい)えたと泣(な)くより
この身(み)が朽(く)ちる際(きわ)まで 弛(たゆ)みなく
想(おも)いは潰(つい)えたと泣(な)くより
この身(み)が朽(く)ちる際(きわ)まで 弛(たゆ)みなかれ


陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
迦陵頻伽

熾天の隻翼

廿弐匹目は毒蝮
御前の瞳に羞いの砂
轆轤首
氷牙忍法帖
人魚の檻
素戔嗚
塗り壁(ぬりかべ)/陰陽座の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ