ひとつふたつ - 矢野絢子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 矢野絢子
公式サイト
ひとつふたつ  ♪  矢野絢子
作詞 : 矢野絢子
作曲 : 矢野絢子

小さくて大きなあなたの
背中が明るく染まってゆく
生まれてきてから今日まで
何度も夜は明けてきたんだ
たくさんの中のたった一つを
ふたつの胸にしまいこんだ
強く握ってた手のひらは
知らないうちに離れるのかな
薄い紫が広がる空
終わりと始まりの空を見たね
零れ落ちそうなほどあふれる
光があなたの胸に洩れ

弱くて強いあなたの
背中がそっと乾いてゆく
生まれてきてから今日まで
雨は降りあがってきたんだ
風を受けて立ち上がる
あなたはとてもきれいだよ
強く握ってた手のひらは
知らないうちに離れるから
世界中のどこかで雨が降り
どこかで晴れ間が見えてくる
そして今日この空の下で
ふたつの影は揺れている

いつか全てが消えてゆくなら
その時はきっと思い出して
あなたがそこで笑ってたこと
私が見つめていたことを
いつか全てが終わるのなら
その時はきっと思い出すよ
私がここで笑ってたこと
あなたが見つめていたことを


ミニ情報
アルバム「窓の日」収録曲
矢野絢子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
明るい方へ
一人の歌
九月の高原
雨のレストラン
つめたい手
ふたつのプレゼント
サンタの家
吉野桜

瞬き
ひとつふたつ/矢野絢子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ