つめたい手 - 矢野絢子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 矢野絢子
公式サイト
つめたい手  ♪  矢野絢子
作詞 : 矢野絢子
作曲 : 矢野絢子

どこまで走ってきたの
ここはどこ
まっ白い光
雪のよう
あたしの手つめたい手
ポケットに突っ込んだ

汚い汚い汚いあんたを
心の底から軽蔑して
汚れた汚れた汚れた部屋から
逃げ出したのに
あたしの両手いつの間にか
こんなにこんなに
こんなに汚れて
何も掴んでない
失くしたものさえ
今はもう見えない

馬鹿みたいに口を開け
必死に息を吸っては吐くだけ
他に何が出来るというの
こんなきれいな景色の中
あたし一人きり

恥をさらして笑いながら
心の奥で唾を吐いて馬鹿にした
汚れた汚れた汚れた部屋から
逃げ出したかった
あたしの両手いつの間にか
こんなにこんなに
こんなに汚れて
何も掴んでない
失くしたものさえ
今はもう見えない

どこまで走ってきたの
ここはどこ
まっ白い光
雪のよう
あたしの手つめたい手
ポケットに突っ込んだ


ミニ情報
アルバム「窓の日」収録曲
矢野絢子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
明るい方へ
ひとつふたつ
一人の歌
九月の高原
雨のレストラン
ふたつのプレゼント
サンタの家
吉野桜

瞬き
つめたい手/矢野絢子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ