氷川きよし「二度泣き橋」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > 二度泣き橋 歌詞

二度泣き橋 / 氷川きよし
Amazonで見る

「二度泣き橋」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:喜多條忠
作曲:大谷明裕

北の寒さに 襟立てて
駅に降り立つ 人はみな 人はみな
こころ凍えて 泣くという
北上川に かかる橋
誰が 誰が 誰が名付けた 二度泣き橋と
 
ひとり暮らしの さびしさは
粉雪だけが 知っている 知っている
恋のぬくもり 欲しかった
あなたと会えた 春の日を
くれた くれた くれたみたいね 二度泣き橋が
 
桃も桜も たんぽぽも
みんな一度に 咲く町で 咲く町で
遅い幸せ 遅い春
北国(みちのく) 盛岡 情け町
抱かれ 抱かれ 抱かれ泣いてる 二度泣き橋よ

アルバム「新・演歌名曲コレクション3 -みれん心-」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.