氷川きよし「貝がら子守唄」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 氷川きよし > 貝がら子守唄 歌詞

貝がら子守唄 / 氷川きよし
amazon検索

「貝がら子守唄」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:かず翼
作曲:宮下健治


夜の浜辺の 海鳥も
親を呼ぶのか 哀しく啼いて
何歳(いくつ)になっても 母恋し
波に揺られて 運ばれて来た
貝がらを 耳にあてれば
遠くに聞こえる 子守唄

背に負われた ぬくもりを
胸が今でも 忘れていない
何歳(いくつ)になっても 母恋し
あの日別れた 海辺の町で
逢いたさに 枕濡らして
小さく歌った 子守唄

涙いっぱい 抱きしめて
強い男に なれよと言った
何歳(いくつ)になっても 母恋し
一目逢いたい 達者だろうか
貝がらを 海に返せば
波間に聞こえる 子守唄
波間に聞こえる 子守唄


氷川きよしの歌詞ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(14:37更新)

1 水あそび童謡
2 栄光の扉平井大
3 たそがれロマン湯原昌幸
4 僕という名のドラマSnow Man
5 おさかな天国柴矢裕美
すべて見る▶
ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.