氷川きよし「三味線旅がらす」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 氷川きよし > 三味線旅がらす

氷川きよし「三味線旅がらす」のジャケット画像

三味線旅がらす

歌手:氷川きよし
作詞:松井由利夫
作曲:水森英夫

流れ長脇差(ながどす) 撥(ばち)に替え
三味線(しゃみ)を抱き寝の 渡り鳥
風の吹きよで 掌(てのひら)返す
そんな浮世を 斜(はす)にみて
エー チントンシャン (繰り返し)
気まま向くまま 唄まくら

惚れたはれたの 身の錆(さび)は
落とし切れずに 頬(ほお)かぶり
柳 新芽(しんめ)も あれから二年
縁でこそあれ 末(すえ)かけて
エー チントンシャン (繰り返し)
月にほろりと 泣かせ節

見栄は捨てても 意地だけは
抱いて二の絃(いと) 三の絃(いと)
粋がいのちの やまがた折りも
くずしゃ乱れる 侠髷(おとこまげ)
エー チントンシャン (繰り返し)
せめて濡らすな 花しぐれ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

氷川きよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.