森光子「もみがら枕の子守唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 森光子 > もみがら枕の子守唄 歌詞

「もみがら枕の子守唄」歌詞

歌手:森光子
作詞:荒木とよひさ
作曲:浜圭介

日暮れになったらよ 心が寒くってさ
わたしが惚れた 夕やけとんぼ
どこかへ行ったきり
日暮れになったらよ カラスが泣くからよ
七つの子供へ帰っておやり
わたしはいいからさ
 
早よう寝れや 早よう寝れや
今夜も蒲団を かぶってさ
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄
 
日暮れになったらよ あの頃みたいにさ
桐下駄つっかけ お風呂屋さんに
ふたりで行きたいね
日暮れになったらよ あんたが大好きな
ライスカレーでも こさえてるから
灯りをともしてさ
 
早よう寝れや 早よう寝れや
ひとりで一杯 ひっかけて
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄
 
早よう寝れや 早よう寝れや
今夜も蒲団を かぶってさ
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄

アルバム「Mitsuko Mori」収録曲


森光子の人気ランキング

森光子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.