森光子「星が降るまでここにいましょう」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 森光子 > 星が降るまでここにいましょう 歌詞

星が降るまでここにいましょう

歌手:

森光子


作詞:秋元康
作曲:鈴木キサブロー

赤い夕陽が傾いて
思い出すのは
故郷(ふるさと)の小さな山と
幼いあの頃

今日まで歩いて来た道
振り向きながら
人生の遥か遠くを
なつかしく思う

いいこともよくないことも
空の移(うつ)ろい

星が降るまでここにいましょう
ちぎれ雲を
見送りながら
星が降るまでここにいましょう
夢の終わり
人は皆
淋しがり

いろいろな人と出会って
そして 別れて
道端の名もない花も
思い出のかけら

黄昏が美しいのは
誰の未練か

星が降るまでここにいましょう
過ぎた時に
悔いはないから
星が降るまでここにいましょう
道は続く

めぐり来る季節でさえも
たった一瞬

星が降るまでここにいましょう
ちぎれ雲を
見送りながら
星が降るまでここにいましょう
願い込めて
明日(あす)は また
青い空

アルバム「Mitsuko Mori」収録曲


「星が降るまでここにいましょう」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森光子の人気歌詞

1 お泣きなさいもしも どこかで 悲しみに 逢った その時は 涙
2 天城越え隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた
3 残り香恋も4年 過ぎれば 話す言葉 とぎれて あんなに
4 星が降るまでここにいましょう赤い夕陽が傾いて 思い出すのは
5 君恋し宵闇(よいやみ) せまれば 悩(なや)みは はてなし
6 人生いろいろ死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ
7 二人でお酒をうらみっこなしで 別れましょうね さらりと水に
8 いい日旅立ち雪解け間近の北の空に向かい
9 想い出ぼろぼろドアを細目に開けながら 夜更けにアイツが帰ってくる
10 東京の屋根の下東京の屋根の下に住む 若い僕等は幸福者
森光子の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

Answer / HY
Answer
HY

♪答えはすでに決まっていたんだと
人魚 / NOKKO
人魚
NOKKO

♪アカシアの雨にうたれて 泣いて
Love Letter / mihimaru GT
Love Letter
mihimaru GT

♪打ち明けるよ 私の中にあなたが
気のきかないケーキで誕生日 / misono
気のきかないケーキで誕生日
misono

♪やらないほうが いいのかな やっ
Period / CHEMISTRY
Period
CHEMISTRY

♪終わりなき旅の途中 立ち止まり
Smile Again / 井上あずみ
Smile Again
井上あずみ

♪自分がとてつもなく ちっぽけに
Onaraはずかしくないよ / オンナラブリー
Onaraはずかしくないよ
オンナラブリー

♪ねえ君 オナラがまんしなくてい
時をこえ / HY
時をこえ
HY

♪昔の話を聞いたのさ 自由な恋す
木綿のハンカチーフ / misono
木綿のハンカチーフ
misono

♪恋人よ ぼくは旅立つ 東へと向か
嘲笑 / 島谷ひとみ
嘲笑
島谷ひとみ

♪星を見るのが好きだ 夜空を見て
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.