森光子「星が降るまでここにいましょう」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 森光子 > 星が降るまでここにいましょう 歌詞

「星が降るまでここにいましょう」歌詞

歌手:森光子
作詞:秋元康
作曲:鈴木キサブロー

赤い夕陽が傾いて
思い出すのは
故郷(ふるさと)の小さな山と
幼いあの頃

今日まで歩いて来た道
振り向きながら
人生の遥か遠くを
なつかしく思う

いいこともよくないことも
空の移(うつ)ろい

星が降るまでここにいましょう
ちぎれ雲を
見送りながら
星が降るまでここにいましょう
夢の終わり
人は皆
淋しがり

いろいろな人と出会って
そして 別れて
道端の名もない花も
思い出のかけら

黄昏が美しいのは
誰の未練か

星が降るまでここにいましょう
過ぎた時に
悔いはないから
星が降るまでここにいましょう
道は続く

めぐり来る季節でさえも
たった一瞬

星が降るまでここにいましょう
ちぎれ雲を
見送りながら
星が降るまでここにいましょう
願い込めて
明日(あす)は また
青い空


アルバム「Mitsuko Mori」収録曲


森光子の人気ランキング

森光子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.