荒井由実「花紀行」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 荒井由実 > 花紀行 歌詞

花紀行 / 荒井由実
amazon検索

「花紀行」歌詞

歌手:荒井由実
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実

見知らぬ町を ひとり歩いたら
風は空から 花びら散らす
過ぎゆく春の 投げる口づけは
髪に両手に はらはら停まる

この場所で嵐見送れば
時の流れに 埋ずもれてしまう

薄紅が なんて優しいの
拾い集める人もいないのに

見知らぬ町を ひとり歩いたら
風は空から 花びら散らす
髪に両手に はらはら停まる


アルバム「SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-Spring」収録曲


荒井由実の歌詞ランキング

荒井由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(7:15更新)

1 LOTUSDIR EN GREY
2 また明日加藤和樹
3 3月9日山崎育三郎
4 鬼の面the GazettE
5 again詩音
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.