荒井由実「晩夏 (ひとりの季節)」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 荒井由実 > 晩夏 (ひとりの季節) 歌詞

晩夏 (ひとりの季節) / 荒井由実
amazon検索

「晩夏 (ひとりの季節)」歌詞

歌手:荒井由実
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実


ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さは コスモス

何もかも捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に
茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

丘の上 銀河の降りるグラウンドに
子供の声は犬の名をくりかえし
ふもとの町へ帰る

藍色は群青に
薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす


ドラマ「幻のぶどう園」主題歌
アルバム「SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-Summer」収録曲


荒井由実の歌詞ランキング

荒井由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(9:12更新)

1 水あそび童謡
2 レーダー・マン初音ミク
3 だいこくさま童謡
4 盛岡ロマンス木下結子
5 中盤戦 feat. Mummy-DKREVA
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.