荒井由実「12月の雨」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 荒井由実 > 12月の雨 歌詞

12月の雨 / 荒井由実
amazon検索

「12月の雨」歌詞

歌手:荒井由実
作詞:荒井由実
作曲:荒井由実


雨音に気づいて 遅く起きた朝は
まだベッドの中で 半分眠りたい
ストーブをつけたら くもったガラス窓
手のひらでこすると ぼんやり冬景色

今にもあなたが 白い息をはき
通りをわたって この部屋に来る気がして

時はいつの日にも 親切な友達
過ぎてゆくきのうを 物語にかえる

もうすぐ来るクリスマス
想い出の日には
また会おうと云った
もう会えないくせに

今でもうしろを ふとふり返れば
あなたが笑って たってるような気がして

時はいつの日にも 親切な友達
過ぎてゆくきのうを 物語にかえる

時はいつの日にも 親切な友達
時はいつの日にも 親切な友達


東芝「ecoスタイル」CMソング
アルバム「SEASONS COLOURS-秋冬撰曲集-」収録曲
アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」収録曲


荒井由実の歌詞ランキング

荒井由実の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(7:27更新)

1 LOTUSDIR EN GREY
2 鬼の面the GazettE
3 Ado
4 FORBIDDEN BEAVERthe GazettE
5 Aぇ! LANDAぇ! group
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.