鏡五郎「漁火の宿」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 鏡五郎 > 漁火の宿 歌詞

「漁火の宿」歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:木下龍太郎
作曲:影山時則

わかれ盃 なみだで干して
返すお前の 移り紅
海に揺れてる 灯火(あかり)のように
燃えて死ねたら いいと言う
窓にちらちら 漁火の宿

肌を初めて 交わした夜も
同じ今夜の 宿枕
髪の乱れを 恥らいながら
梳(と)かすお前の 肩越しに
燃えてあかあか 漁火の宿

貸した手枕 お前は外し
ひとり夜明けに 旅支度
わかれ化粧の 鏡の中に
映る灯火(あかり)は 残り火か
沖にゆらゆら 漁火の宿


鏡五郎の歌詞ランキング

鏡五郎の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(13:41更新)

1 出逢いそして別れZARD
2 かなりや童謡
3 FAITHlynch.
4 なぜ今日天気が悪い打首獄門同好会
5 ふじの山童謡
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.