氷川きよし「キャラバン」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 氷川きよし > キャラバン

キャラバン

歌手:氷川きよし
作詞:かず翼
作曲:大谷明裕

ひとり放浪(さすら)う 異国の町に
今日も真っ赤な 陽が墜ちる
昨日出逢った キャラバンの
可愛いあの娘の 面影を
棕櫚(しゅろ)の葉かげの 夢に見る

旅の窓辺に 月影青く
思い出させる 故国(ふるさと)よ
遠い太鼓は キャラバンか
砂漠渡って 吹く風が
そぞろ身に沁む エトランゼ

別れ惜しんで あの娘がくれた
音色やさしい 銀の鈴
歌も淋しい キャラバンの
影が消えゆく 地平線
夕空(そら)に涙の ひとつ星

アルバム「演歌十二番勝負!〜面影の都〜」収録曲


「キャラバン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

氷川きよしの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.