氷川きよし「あれから」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > あれから 歌詞

あれから / 氷川きよし
Amazonで見る

「あれから」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:秋元康
作曲:佐藤嘉風

夕陽が また沈んで行く
あっという間の一日
どこかに大事な何かを
置き忘れたような自分の影
 
地平線は変わらないのに
静かに移ろう景色
生きるというのは別れを知ること
愛しい人よ
 
あれから どうしていましたか?
私も歳を取りました
今でも 昔の歌を
気づくと 口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね
 
いくつか 星が煌(きら)めいて
後悔さえ美しい
今日できなかった何かが
明日はできるような気がして来る
 
長い道を歩き続けて
ようやくたどり着けそう
生まれた瞬間(とき)から追いかけて来たのは
母のその背中
 
あれから 元気でいましたか?
随分 月日が経ちました
何度も歌った歌を
もう一度 歌いたくなります
そう誰も大切な思い出が人生
 
「お久しぶりです。
あなたのことをずっと見ていましたよ。
頑張りましたね。
さあ 私の分まで、まだまだ、頑張って」
 
なぜだか 涙が止まらない
心がただ震えています
 
あれから どうしていましたか?
私も歳を取りました
今でも 昔の歌を
気づくと 口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね

アルバム「生々流転」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.