氷川きよし「あれから」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 氷川きよし > あれから 歌詞

氷川きよし「あれから」のCDジャケット
Amazonで見る

あれから

歌手:

氷川きよし


作詞:秋元康
作曲:佐藤嘉風

夕陽が また沈んで行く
あっという間の一日
どこかに大事な何かを
置き忘れたような自分の影

地平線は変わらないのに
静かに移ろう景色
生きるというのは別れを知ること
愛しい人よ

あれから どうしていましたか?
私も歳を取りました
今でも 昔の歌を
気づくと 口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね

いくつか 星が煌(きら)めいて
後悔さえ美しい
今日できなかった何かが
明日はできるような気がして来る

長い道を歩き続けて
ようやくたどり着けそう
生まれた瞬間(とき)から追いかけて来たのは
母のその背中

あれから 元気でいましたか?
随分 月日が経ちました
何度も歌った歌を
もう一度 歌いたくなります
そう誰も大切な思い出が人生

「お久しぶりです。
あなたのことをずっと見ていましたよ。
頑張りましたね。
さあ 私の分まで、まだまだ、頑張って」

なぜだか 涙が止まらない
心がただ震えています

あれから どうしていましたか?
私も歳を取りました
今でも 昔の歌を
気づくと 口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね

アルバム「生々流転」収録曲


「あれから」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

氷川きよしの人気歌詞

1 王将吹けば飛ぶよな 将棋の駒に 賭けた命を 笑わば笑え
2 純子の港町帰って来たんだよ ふるさと停車(どま)りの北斗星
3 森を抜けてあなたの指さすところには もう光が生まれてる
4 博多祇園山笠地下足袋(たび)に締(し)め込(こ)み
5 今は倖せかい遅かったのかい 君のことを 好きになるのが
6 しぐれの港まるであの娘が 叫んだような 霧笛ひとつに 振り返る
7 最後と決めた女だから花の咲かない 運命(さだめ)と決めて どこに消えたか
8 君は心の妻だから愛しながらも 運命に敗けて 別れたけれど 心はひとつ
9 北荒野霧が流れて 遠く 荒野(あれの)の涯(はて)に
10 笛吹峠花の東京が 呼んでると 上り列車で
氷川きよしの歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

ドライフラワー / 優里
ドライフラワー
優里

♪多分、私じゃなくていいね 余裕
廻廻奇譚 / Eve
廻廻奇譚
Eve

♪有象無象 人の成り 虚勢 心象 人
炎 / LiSA

LiSA

♪さよなら ありがとう 声の限り
うっせぇわ / Ado
うっせぇわ
Ado

♪正しさとは 愚かさとは それが何
58cm / aiko
58cm
aiko

♪視界に入る髪がふやけてとても好
はだしのダイアリー / 矢井田瞳
はだしのダイアリー
矢井田瞳

♪とがったヒールで知らずに傷つけ
CITRUS / Da-iCE
CITRUS
Da-iCE

♪熱を奪っていく 路地裏の香りが
HERE WE GO / Girls2
HERE WE GO
Girls2

♪Ha Pi Pi HAPPY TIME Ha Pi Pi H
光さす / 川崎鷹也
光さす
川崎鷹也

♪螺旋状に渦巻いた僕の 何とも言
タンポポ feat. ZORN / KREVA
タンポポ feat. ZORN
KREVA

♪(Dr K) 何回だって言う I Have
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.