氷川きよし「母恋しぐれ笠」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > 母恋しぐれ笠 歌詞

氷川きよし「母恋しぐれ笠」のCDジャケット
Amazonで見る

母恋しぐれ笠

歌手:

氷川きよし


作詞:原文彦
作曲:宮下健治

片手拝みで 故郷をすてた
野暮を承知の 旅がらす
あの日ながめた まんまる月が
今宵(こよい)無宿者(むしゅく)の 背を照らしゃ
おっ母(かあ)恋しや 風がおっ母(かあ)の声になる
 
枯れたすすきの 葉擦(はず)れの音が
荒(すさ)む心に なぜ優(やさ)し
意地で流れた 二年と三月
飾る錦も ないままに
おっ母(かあ)達者か せめて逢いたや 草枕
 
あすは東か それとも西か
ちびた草履(ぞうり)の 向くままに
義理に引かれて 情けに揺れて
故郷(くに)は遠くに なるばかり
おっ母(かあ)ごめんよ 泣くな未練のしぐれ笠

アルバム「新・演歌名曲コレクション10. -龍翔鳳舞-」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

ドライフラワー / 優里
真っ白 / yama
Laststep / tricot
58cm / aiko
宛名のない手紙 / 和楽器バンド
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.