氷川きよし「黒い鷲」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > 黒い鷲 歌詞

黒い鷲 / 氷川きよし
Amazonで見る

「黒い鷲」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:Barbara・岩谷時子
作曲:Barbara

いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの
 
雲へ翼広げて 空へまるい輪をかき
羽の音も重く 私の傍 下りてきたの
 
鷲の瞳はルビー 二つ翼黒く
王子様のような マントつけて 下りてきたの
 
肩にとまりながら 頬に頬を寄せて
耳の傍で熱く 喘ぎながら ささやいた
 
ぼくと帰ろうよ いつも夢を見てた
小さな時のように 星を取りに夜の空へ
ぼくと帰ろうよ 雲に乗って朝は
 
太陽見に行こうと 誘いかけてくれたけれど
やがて 悲しそうに 鷲は消えた空へ
 
いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの
 
いつか忘れたけど ある日 目が覚めると
大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの
 
いつか忘れたけど ある日 下りてきたの
飛んできたの 飛んできたの
 
いつか忘れたけど ある日 下りてきたの
空が裂けて 飛んできたの
飛んできたの 飛んできたの
空が裂けて 飛んできたの

アルバム「新・演歌名曲コレクション10. -龍翔鳳舞-」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.