氷川きよし「お江戸のさのさ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > お江戸のさのさ 歌詞

お江戸のさのさ / 氷川きよし
Amazonで見る

「お江戸のさのさ」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:久仁京介
作曲:四方章人

江戸の夜風に 吹かれて恋の
意地もほぐれる 隅田河岸
惚れたあの娘に 教えられ
やっと見つけた 温かさ
縁は深川 なれ染めて…さのさ
 
ぬるい酒でも おまえの手から
ついでもらえば 熱くなる
 
情けしらずが 情けに泣いた
苦労しようか この先は
惚れたあの娘を 泣かすまい
髪のほつれと つづれ帯
どこに惚れたと 聞かれても…さのさ
 
木遣りくずしが こぼれる路地を
ひとり歩けば 灯がともる
惚れたあの娘の ために死ぬ
それもおとこの 生きる道
粋じゃないかえ 江戸そだち…さのさ

アルバム「新・演歌名曲コレクション8 -冬のペガサス-勝負の花道〜オーケストラ」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.