氷川きよし「恋之介旅日記」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > 恋之介旅日記 歌詞

恋之介旅日記 / 氷川きよし
Amazonで見る

「恋之介旅日記」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:原文彦
作曲:桧原さとし

芝居打たせりゃ 街道一(かいどういち)の
粋で鯔背(いなせ)な 恋之介
ひょんなことから 大津をあとに
江戸へ江戸へと 東海道
どこにいるやら おっかさん
どこにいるやら おっかさん
一目逢いたや 旅の空
 
「一度でいいから おっかさんと言って
甘えてみてえなあ……。」
 
偲(しの)ぶ面影 笛(ふえ)の音(ね)遠く
届け都(みやこ)の その胸に
逢うも別れも 運命(さだめ)と知れば
山の鳥さえ いとおしや
夢にまで見る おっかさん
夢にまで見る おっかさん
せめて泣きたや 肩抱いて
 
「おいらのおっかさんって
どんな人だったんだろう。
やさしい人だったのかなあ。
もしも逢えたら、思いっきり
親孝行してえなあ……。」
 
箱根八里は 馬でも越すが
積もる難儀の 峠越え
泣くも笑うも 珍道中の
富士山(ふじ)に劣らぬ 男ぶり
待っていてくれ おっかさん
待っていてくれ おっかさん
雲も東へ 流れゆく

アルバム「新・演歌名曲コレクション8 -冬のペガサス-勝負の花道〜オーケストラ」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.