氷川きよし「冬のペガサス」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 氷川きよし > 冬のペガサス 歌詞

冬のペガサス / 氷川きよし
Amazonで見る

「冬のペガサス」歌詞

歌手:氷川きよし
作詞:かず翼
作曲:永井龍雲

生きることに 苦しくなって
逃げ出したい こともあるけれど
見果てぬ夢を 紡いで今日も
どうやら明日(あす)へと たどり着く
あぁ天翔(あまか)ける 冬空のペガサスよ
見下ろせば ちっぽけな魂ひとつ
抱きしめながら 彷徨(さまよ)い歩く
人はみな 孤独な旅人
 
失くすことを 怖れはしない
心までは 渡さないから
悲しみながら ふるえて眠る
夜にも必ず 朝が来る
あぁ流星を 追いかけてペガサスよ
どこまでも 行くがいい心のままに
悔やんでみても 戻れはしない
人はみな 時間の旅人
 
あぁ天翔ける 冬空のペガサスよ
自由ほど 大切なものはないから
見えない翼 背中に秘めて
人はみな 希望の旅人
 
見えない翼 背中に秘めて
人はみな 希望の旅人

アルバム「新・演歌名曲コレクション8 -冬のペガサス-勝負の花道〜オーケストラ」収録曲


氷川きよしの人気ランキング

氷川きよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.